Latest Entries

箱根の関所跡

 路線バスで1時間弱、箱根峠を越えると箱根の関所跡に至る。江戸時代、この関所は最も重要な見張り所で、規模も大きかったという。箱根を越えると、いよいよ関東に入ることとなるので、いわゆる 「入り鉄砲に出女」 に対する取り締まりも厳しかった。箱根山は森が深く、間道などを抜けて関所破りを試みる者もいるので、要所々々に見張り所が置かれていた。
 写真は、西から東へ向かう旅人がくぐる 「京口御門」 である。門の中に見えるのは大番所、役人が通行者を 「関所改め」 する所である。その手前に厩 (うまや) があり、5頭の馬をつなぐようになっていた。その他に、足軽番所や獄舎があり、通行を認められると、東側の江戸口御門から出ることができるようになっていた。

箱根関所マップ

 江戸口御門を抜けると、坂道に差し掛かる。山と芦ノ湖の間の曲がりくねった道である。関所前で寄木細工などを売るお土産屋に古い写真が飾ってあり、往時の様子を伝えている。「箱根名勝・旧関所址」 と記されており、観光客がジープの来るのを待っている。その写真と現在の風景を比べると、ほとんど変わっていないことに気付く。
 その先をさらに進むと、鬱蒼とした杉並木が残っており、昔ながらの旅人になったような気分が味わえる。このあたりは “箱根の山は天下の険 函谷関も物ならず・・・” との唱歌そのものである。芦ノ湖の東端の元箱根には、現在、遊覧船の発着する港がある。ただし、江戸時代には、旅人が舟で渡ることは許されていなかった。

箱根関所B

箱根西麓・三島大吊橋

 旧東海道・静岡方面の最終取材のため、三島から箱根へ向かう路線バスに乗った。途中で、日本最長の大吊橋があるというので下車してみた。三島駅から少し山地を登ったあたりは、富士見ヶ丘と呼ぶように富士山を眺める絶好の場所である。にもかかわらず、特に名所がなかったので、地域活性化に貢献したいと、この橋の計画を進めたという。愛称は 「三島スカイウォーク」 と呼ぶ。
 完成したのは平成27年12月、まだできたばかりの新名所をいち早く体験することができた。歩道幅は1.6mあり、車椅子でもすれちがうことのできる設計である。全長400mは、歩行者専用の吊橋としては日本一だという。谷底からの高さが70mというのもスリル満点だが、何といっても、あらゆる場面で見事な富士山を眺望できるのが魅力である。この日は、真っ青な空の下、白い雪をかぶった美しい姿を撮影することができた。

三島大吊橋マップ

 吊橋のワイヤーを引っ張る塔の高さは44m、これまた真っ白に塗装されていて、濃紺色の空に映えている。延長400mのちょうど中間点では太いワイヤーを触ることができる。橋脚の近くに、屋外エスカレーターがあり、それを昇ると 「スカイガーデン」 というガラス張りの休憩所がある。農業と観光とを結びつける意図をもって整備され、地域の特産品などを販売している。天井からは、ベゴニアやペチュニアの大きなハンギングバスケットが吊るされていた。

三島大吊橋B

地下街の花飾り

 サカエチカのクリスタル広場の中央には、長い間、ガラスのモニュメントが設置されていたが昨年秋に取り外され、その後は催し物などのできるフレキシブルな空間に整備される予定である。サカエチカの全面的リニューアルが完成するまでの間、いろいろな展示・修景が行なわれるが、現在は、「菜の花畑」 になっている。
 郊外のマンションから地下鉄に乗り、都心のオフィスで一日を過ごすといった都会の現代人にとって、自然や農村風景に接する機会は多くない。サカエチカでは、1日10万人もの通行者に、少しでも季節感のある景色を味わっていただこうと、根の付いたナノハナの花壇をつくったのである。ナノハナの苗は、渥美半島観光ビューローが行なっている 「渥美半島菜の花まつり」 ≪1月14日(土)~3月31日(金)≫ の会場から分けていただいた。地下街という日光の当たらない場所で植物を育てるため、LED照明による「植物育成ライト」 を使用している。

サカエチカ菜の花A

 下左の写真は、昨年11月から12月にかけてクリスタル広場に飾られた 「フラワーツリー」 である。金属製の枠組みに組み込まれたカセットに、鉢植えの草花を横向きに植え込む立体花壇である。クリスマスのシーズンだったので、クリスマスツリーにも見えるような植栽とした。草花の種類はプリムラとヘデラである。
 右の写真は、栄交差点から地下街へ降りる8か所の階段に設置した 「フラワーボール」である。これもカセット式の立体花壇である。自社の地下街入口を飾るとともに、栄の街を少しでも綺麗にして市民の潤いにしたいとの栄地下センター ㈱ の思いから実現した施設である。これらの企画・設計および植栽・管理は筆者とその友人たちにより行なわれている。

サカエチカ菜の花B

地下街のトイレ

 名古屋の都心・栄の地下街 「サカエチカ」 の真ん中に 「クリスタル広場」 がある。一日の通行者が10万人を数え、デートなどの待合わせにもよく使われる所である。この広場のコーナーにあるトイレがこのほどリニューアル・オープンした。以前より明るく美しくなったので、利用者が格段に多くなり、特に女性の利用は3倍にも増えたという。
 トイレの重要さは最近特に見直されており、高速道路のサービスエリアや、観光地、デパートなどの公共的な施設では、競って綺麗なトイレを提供している。海外からの観光客が2000万人を越える今日、内外のお客様のために 「おもてなし」 の心を表す意味もある。政府も平成27年に、「日本トイレ大賞」 という制度を設け、快適・清潔・安全なトイレの整備を奨励するようになった。

栄トイレマップ

 サカエチカのトイレは、“あたかも路地に一歩入ったかのような、都市の喧騒から逃れた心和らぐ憩いの空間” を創出する思いで、「五感で感じる」 「ユニバーサルデザイン」 「おもてなし」 をコンセプトに設計された。特に印象的なのは、白と黒・ブラウンをベースにした清潔感のある色調、中央にあるキッズトイレの可愛らしいデザイン、待合スペースに流れるオルゴールの音色などである。
 昭和44年に開業したサカエチカが再来年50周年を迎えるに当たって、全面的なリニューアルを行なう先駆けとしてのトイレ整備である。設計は当社・中部復建 ㈱ の建築部が受託し、女性の感性を重視するために建築家・山口ゆずみ氏の力をお借りして行なった。

サカエチカE

半田市亀崎の潮干祭

 木造建築の鉄道駅としては日本一古いといわれる武豊線亀崎駅 (このブログ2013・04・09参照) を降り、掘割を通り抜けると海岸通に至る。ここで毎年5月3日・4日の両日行なわれる 「潮干祭」 は、かつて 「県社」 にも格づけられた 「神前(かみさき)神社」 の祭礼である。その昔、神武天皇東征の折、海からこの地に上陸したとの伝説に因み、5輌の山車を潮干の浜に曳き下ろすことからこの名がついている。
 曳き下ろしを行なう海岸は、かつては堤防がなく、人家の石垣がそのまま波に洗われていた。ところが昭和34年の伊勢湾台風により、海岸沿いの民家は高潮に飲まれてほとんど倒壊してしまった。その後の復旧工事により高い堤防ができたため、この祭礼最大の見せ場である曳き下ろしはできなくなってしまった。その復活は平成5年、堤防にゲートを設けて人口海浜を造成するまで、30年以上の歳月を待たねばならなかったのである。

亀崎祭りA

 この祭の山車は、知多半島中部から南部に広く伝わる 「知多型」 と呼ばれる形態である。構造は、上山と胴山の二層に分かれ、上山には唐破風の屋根がついている。胴山を構成する梁や柱には、細緻な彫刻が施されるとともに、側面と後方の幕は金糸銀糸による豪壮な刺繍で飾られている。かつてこの地を訪れた永六輔氏は、「山辺の高山、海辺の亀崎」 とこの見事な山車を讃えている。
 平成18年に地元の念願が叶って、山車を含めた祭全体が国重要無形民族文化財に指定された。さらにこの度、ユネスコの文化遺産にも登録されることとなった。私事ではあるが、筆者は中学生になるまでこの地で育ち、法被を着て山車を曳いたこともある。

亀崎祭りB

≪下左の白黒写真は、平成17年に刊行された 「亀崎潮干祭総合調査報告書」 から抜粋した。下右の図面は、平成18年に配布されたパンフレットから写したものである。≫


▲ページトップ

Appendix

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ