fc2ブログ

Latest Entries

三河大野駅と大野橋

 JR飯田線・三河大野駅は不思議な構造をしている。駅舎の改札(無人)を通るとすぐにトンネルがあり、線路の下を潜って階段を登り、1面2線のプラットホームに出る。駅舎は平成8年に改築した比較的新しい建物で、丸太を横積みにしたログハウスのような構造である。
 開業したのは大正12年、鳳来寺鉄道の延伸に伴うものである。昭和18年(1943)には国有化し、国鉄飯田線の駅となった。御多分に漏れず、鉄道は家の立ち並ぶ「宿場」を避けて宇連川の対岸に敷設されている。宿場町に行くには橋を渡る必要があり、駅のすぐ前に「大野橋」が架かっている。

大野駅G

 駅開設時には、既設の橋爪橋(初代大野橋)という吊り橋があった。別所街道と宿場を結ぶ橋である。鉄道駅の出来た大正13年には、車の通行できる広い幅の吊り橋(2代目)が完成している。現在のものは3代目、昭和32年(1957)に架けられた鉄橋である。
 車で走っていると平凡に見えるが、下から見るとトラスに組んだ鉄骨の構造に驚いてしまう。リベットにより複雑に組み合わされていて、厚さは10mを越えるものと思われる。大野橋に併行してもう1本の橋がある。これは「専用橋」といい、日本電信電話公社が昭和48年に架設したものである。

大野橋G

旧大野銀行本店と土蔵

 江戸時代、信仰と遊山を兼ねた「講」という団体旅行が流行した。大野は、鳳来寺への「鳳来寺道」と秋葉山参りの「秋葉街道」の交差する宿場町として繁栄した。明治になると、豊橋と別所(今の東栄町)を結ぶ「別所街道」が開通し、大正12年には鳳来寺鉄道の「三河大野駅」も開設された。
 このように交通の要衝であるとともに、当時は林業・蚕産・製糸業などの隆盛もあり、大野は経済・運輸の中心地になった。「大野銀行」はそうした時代の要請を受けて、地元の素封家たちにより設立された。大正14年(1925)のことである。

大野マップ

 その後、東海銀行との合併や信用金庫への改変などの歴史を経て、平成18年(2006)に銀行としての役目を終える。現在は「美術珈琲(カフェ)・鳳来館」として親しまれている。銀行時代の内装を巧みに利用しながら、竹久夢二の作品などレトロな美術品の展示を行っている。
 北隣には古風な土蔵が別館ギャラリーとして利用されている。元々は、商家のお蔵として明治中ごろに建てられたが、隣接して大野銀行ができてからは銀行の書類倉庫として使用された。東隣に接して、緑色の瓦屋根を持つ個性的な建物がある。銀行との関係は不明であるが、現在は「和風仕出し・若松屋」として営業している。

大野G

岐阜・柳ケ瀬商店街

 岐阜駅の北、岐阜公園の西あたりに「柳ケ瀬」と呼ばれる商店街がある。この一帯は明治30年ころから盛り場として出発した。大正期には博覧会ブームの時流に乗って、商業の街としての発展を遂げた。昭和の全盛期には「柳ぶら族」も誕生、美川憲一の「柳ケ瀬ブルース」も大ヒット曲となった。
 ところが平成の時代に入り、大きな郊外型のショッピングモールが出来ると、客足の途絶えた柳ケ瀬の大型店舗は次々に徹底してしまった。しかもその跡地は長年放置されるという状態が続いてきた。個人店舗も閉鎖して、「シャッター街」と呼ばれるまでになってしまった。

柳ケ瀬G

 先日「大ナゴヤ大学」のイベントで、「柳ケ瀬のまち歩き」に参加した。なんと商店街が以前のように賑わいを見せているではないか。「柳ケ瀬日常ニナーレ」という活動が行われているのである。10年ほど前から、ここに移り住んだ建築家などが始めた「リノベーションまちづくり」の一環である。
 柳ケ瀬地区とは300m四方のエリアを指し、12の商店通りで構成されている。再生気運の中で、約150店もの新規出店があったという。大店舗も復活している。ちょうどこの日は、月2回の「SAUDAY BUILDING MARKET」の日で、通路に露店が立ち並んでいた。音楽などのストリート・パフォーマンスも行われていた。

峰之澤橋と「渡らずの鉄橋」

 秋葉ダムが堰き止める水面は約190ha、「秋葉湖」と呼ぶ。水が綺麗なのでアユ漁が盛ん。友釣りを楽しむ人も多い。国道152号沿いにソメイヨシノが植えられていて(10kmに1000本)、開花時には「千本桜祭り」とともに「秋葉ダムさくらマラソン」も開催される。
 秋葉湖の両岸を航空写真で見ると、ほとんど山林で町はない。しかし、所々に「ポツンと一軒家」ではないが、小さな集落が散在している。秋葉湖の中ほどに、人の歩ける吊り橋がある。「峰之澤橋」という。長さ157m、昭和32年(1957)に完成した。集落と国道とをむすんでいるのだろう。

渡らずG

 飯田線は不思議なルートを通る。愛知県では、天竜川支流の「相川」を斜めに北上するが、中部天竜駅辺りからトンネルを潜って、中央構造線の静岡県「水窪川(みさくぼがわ)」沿いに走る。水窪駅を過ぎると、再びトンネルを通って伊那谷・長野県「天竜川」に戻る。
 水窪駅の手前に面白い鉄橋がある。「渡らずの鉄橋」と呼ぶ。飯田線のレールは、集落の茶畑を通過すると水窪川に突入するが、対岸に渡ることなく河川敷の途中から元の左岸(写真では右側)に戻るのである。川の中や河川敷に林立するコンクリートの橋脚が、奇妙な光景をつくっている。

渡らずマップ

秋葉ダムと竜山橋

 天竜川は急流かつ水量が豊富なので、水力発電の適地として明治のころから注目されていた。大正になると、電力王の名を馳せた福澤桃介が事業に乗り出して、上流から大久保堰堤・南向堰堤・泰阜ダム・平岡ダムの順に建設した。
 戦後になって佐久間ダム・秋葉ダム・船明ダムが造られた。船明ダムについては、先々回ご紹介した。秋葉ダムは、佐久間ダムの放流水を調整して下流の水量を平均化する役割をもつ。高さ89m、長さ273m、総貯水量は3500万㎥である。昭和33年(1958)に完成した。

秋葉ダムG

 下流の秋葉第一・第二・第三発電所を回して合計12万8千kwを発電する。また、浜松市などへの上水道、三方原台地への灌漑用水としても重要である。「秋葉湖」のほとりに慰霊碑があり花が供えられていた。建設中の昭和30年にダイナマイトが爆発し、19名の尊い命が失われたという。
 龍山橋(たつやまばし)は、ダムの直近に架かるつり橋である。長さ約165m、幅員は1.2mの人道橋である。昭和46年(1971)に完成した。対岸にも自然歩道が続いており、観光用・行楽用に使用される。橋の途中から見るダムの放流は圧巻だという。

秋葉ダムH

季節通信196月食


▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ