fc2ブログ

Entries

「香嵐橋」と「飯盛山・香積寺」

 香嵐渓を訪れる人は多いけれど、飯盛山(いいもりやま)北斜面のカタクリや待月橋周辺の紅葉を観ることで満足してしまい、奥の方まで行かない人もいるようです。もう少し上流へ進めば、茅葺きの「三州足助屋敷」や赤い吊り橋「香嵐橋」などがあり、山の中腹には「香積寺」もあります。
 「香嵐橋」は長さ43m、幅1.8mの吊り橋です。如何にも山奥へ来たような気分に浸ることができます。このあたりまで来ると、紅葉やカタクリ(3月)以外の季節でも豊富な山野草が出迎えてくれます。植物図鑑でも持って歩けば、楽しめること請け合いです。

香積寺H

 標高254mの飯盛山の中腹に「香積寺」があります。江戸初期に、このお寺の住職が山全体にモミジを植えることを思いついたそうです。後世にこれほどの人を集める、先見の明があったのでしょう。「桜は1週間だけれど紅葉は1か月楽しめますよ」と教えてくれた人がいます。
 その話を聞いて、私も東山植物園にモミジの苗木をたくさん植えました。50年前のことです。今では、植物園の紅葉は市内随一と言われています。扁額を「山盛りの飯」と読んでしまいました。本当は右から読んで「はんせいざん」です。しっとりと、心の落ち着く山寺です。
香積寺G

季節通信200山野草

香嵐渓「巴橋」と「待月橋」

 前々回の三河湖のマップで、巴川は足助の地点で鋭角に向きを変えることが分かった。北向きから南へ曲がるところが香嵐渓である。この地方最大の紅葉の名所である。川の美しさも含めて、京都の嵐山・渡月橋に匹敵するのではと思う。
 国道153号・飯田街道は、かつて足助の市街地を通っていたが、現在は二つのトンネルをもつバイパスができたために、ずいぶんスムーズに通過できるようになった。しかし、春のカタクリと秋の紅葉のときは、追分まで車が並んでしまう。

香嵐渓マップ

 旧道が巴川を渡るのが「巴橋」である。5連の鉄筋コンクリート・アーチ橋で高欄もコンクリート製である。昭和12年(1937)の開通である。その先にある伊勢神トンネル(1960)はまだ「伊世賀美隧道」(1897)の時代であり、それに比較するとずいぶん斬新な設計であったのだろう。
 嵐山の「渡月橋」は亀山上皇の感想から名付けられた。香嵐渓の「待月橋」も同じような命名であろう。紅葉を観るためにも、紅葉を写すためにもなくてはならない橋である。紅葉の時期は大渋滞、駐車場にもなかなか入れない。お勧めは雨天である。車は少ないし、幻想的な景色が見られる。

香嵐渓G

季節通信204キウイ


新東名高速「豊田アローズブリッジ」

 ブログの取材などのために高速道路を走るとき、よくこの橋を渡る。名港のトリトン(2017・3・12)も巨大でシンボリックだが、この橋はさらにビッグなイメージである。停車するわけにはいかないので、フロントガラス越しに何回か写真を撮った。一度、地上から眺めてみたいと思っていた。
 下から見るとそのボリュームにびっくりする。特に橋脚の基部というか橋台というか、コンクリートの固まりはもの凄い。幅は50mを越えるものと思われる。主塔の高さは110m。橋長820m、幅員約45m、「波形ウェーブPC複合斜張橋」という。平成17年(2005)に完成している。

アローズマップ

 新東名高速道路が矢作川を越える地点に架かっている。完成時には、まだ伊勢湾岸道路と言っていた。愛知万博開幕直前の開通であり、自動車での来場を想定しての供用開始であった。その前年には、土木学会に認められて「田中賞・作品部門」を授与されている。
 「アローズ」というのは英語で「複数の矢」を意味する。矢作川の「矢」も意識しているのであろう。私はその形から、いつも「竪琴」を連想してしまう。現在のハープでなく、古典的な「ライアー・ハープ」である。鶴舞公園の奏楽堂の屋根飾りに使われているモニュメントに似ていると思う。

アローG

豊田大橋と久澄橋

 昨年はサッカーのワールドカップで盛り上がったが、4年前(2019)にはラグビーワールドカップが国中を熱狂させた。豊田市でも予選の4試合が開催され、海外からの応援団を含めてたくさんの観客が詰めかけた。観客の多くは、豊田市駅を降りて「豊田大橋」を渡ってスタジアムへ向かう。
 その様子は、2019年10月に4回に亘ってご報告した。「豊田大橋」は、バスケットハンドル型ニールセンローゼ橋という形式で、長さは約475mである。平成11年(1999)の完成。スタジアムと同じ黒川紀章の設計によるので、両者を合わせて一体のデザインとなっている。

豊田大橋G

 豊田大橋の1本下流に、もうひとつ白亜の橋梁が架かっている。「久澄橋」という。長さ274m、幅員25m、二つの大きなアーチのある単弦ローゼ橋である。独創的なデザインと景観の両立、構造の統一性などが評価されて、平成6年度(1994)の土木学会田中賞を受賞している。
 松平や稲武方面へ行くときによく通る橋である。豊田の市街地を抜け、視界が広々と開ける。矢作川河川敷の芝生も美しく、上流に見える真っ白なスタジアムや大橋と調和している。黒川紀章のアートを鑑賞しながら走る、心地良い空間である。

豊田大橋マップ

長良川の美濃橋(再び)

 長良川に架かる「美濃橋」は、大正5年(1916)に完成した現存する最古の近代吊橋です。平成15年(2003)には国の重要文化財に指定されています。詳細については≪2017年9月23日≫にご紹介しましたので参照してください。
 今回再び取材したのは、この“老兵”が大手術を受け、再び若返ったからです。100年近く現役で働いてきて、ケーブルや補剛の桁が腐食するなど満身創痍の状態でした。10年前に修復に取り掛かった時の大命題は「構造形式や外観を出来るだけ残すこと」だったそうです。

美濃橋 旧

 特に右岸のアンカレイジ部のケーブルが劣化し、強度は70%に落ちていました。ケーブルは建設当時スウェーデンから輸入したものですので取り替えることなく現役で使い続けることとしました。広範囲で腐食が確認された「補剛桁」には修復の過程で新たな発見もあったそうです。
 ただ直すだけでなく、新たな魅力づくりにも工夫がなされました。夜間照明です。真っ白な「主塔」や真赤な「手すり」は青空の下で見ても美しいけれども、ライトを浴びた姿はさらに幻想的だそうです。修復を担当した技師は、上下流や近くのホテルで上からも見てほしいと話しています。

美濃橋 新

季節通信199門松


板取川の松谷橋

 国道256号を地図で見ると、いやに曲がりくねっている。それもそのはず、蛇行の多い板取川に沿って走っているからである。板取川は、岐阜と福井の県境・両白山地を水源とし、美濃市あたりで長良川に合流する。
 北へ向かっていた256号が、大きく東へ曲がって郡上八幡へ向かうあたりの支流に「松谷橋」が架かっている。その新しい橋の一本奥に、いわば「旧松谷橋」が残っている。川幅が狭く、藪が繁っているので確認はできなかったが、この橋の型式は「RC方杖ラーメン構造」だという。

板取川マップ

 昭和9年に建設されているが、この時代のものとしては非常に珍しい構造だという。「方杖ラーメン橋」とは橋脚を斜めに配したラーメン橋で、深い谷など橋脚を立てられない場合などに用いられる。 上部構造の見かけの支間を小さくできるメリットがある。
 横から見た場合の美観に優れていて、鋼橋の採用事例が多い。以前ご紹介(2022・8・30)した名古屋城近くの「筋違橋」はまさにそれで、大変美しい橋である。
 下に模式図を添付します。

板取川G

季節通信198


桐谷の不動と渡し場跡(吊り橋)

 鳳来寺や秋葉山への祈りの道は、明治時代からは別所街道を北へ上る道であった。江戸時代には大野からそのまま右岸を北上し、桐谷で渡し船に乗って左岸へ渡っていた。古(いにしえ)は「大野桐谷の渡し」と呼び、現在は吊り橋に変わっている。
 「桐谷」というのは、今から600年の昔、この谷に桐の大木があったという逸話から名付けられた。「桐の大木の洞には鳳凰が住んでおり、仙人がその鳥に乗って鳳来寺との間を行き来した」という。大野宿の人々は、この聖地に道中の安全を願って「不動明王」を祀ったのである。

桐谷G

 旅人が舟を降りると、そこには「不道明王の祠」があり、近くに「不動滝」が落ちている。合わせて見ると一幅の山水画を見るようである。つづれ折りの杣道を登ると再び街道に戻る、人々は、そのまま北へ進んで秋葉山を目指すか、少し戻って大野宿に宿泊したかも知れない。
 このコースは、現在「東海自然歩道」に指定されている。新城山間部のこの辺りでは、「阿寺の七滝」「鳳来寺」「四谷の千枚田」といった観光名所をつなぐ一本道である。広域的には、東京「高尾国定公園」から大阪「箕面国定公園」を結ぶ総延長1690kmにもおよぶハイキング道である。

季節通信197東海自然歩道



三河大野駅と大野橋

 JR飯田線・三河大野駅は不思議な構造をしている。駅舎の改札(無人)を通るとすぐにトンネルがあり、線路の下を潜って階段を登り、1面2線のプラットホームに出る。駅舎は平成8年に改築した比較的新しい建物で、丸太を横積みにしたログハウスのような構造である。
 開業したのは大正12年、鳳来寺鉄道の延伸に伴うものである。昭和18年(1943)には国有化し、国鉄飯田線の駅となった。御多分に漏れず、鉄道は家の立ち並ぶ「宿場」を避けて宇連川の対岸に敷設されている。宿場町に行くには橋を渡る必要があり、駅のすぐ前に「大野橋」が架かっている。

大野駅G

 駅開設時には、既設の橋爪橋(初代大野橋)という吊り橋があった。別所街道と宿場を結ぶ橋である。鉄道駅の出来た大正13年には、車の通行できる広い幅の吊り橋(2代目)が完成している。現在のものは3代目、昭和32年(1957)に架けられた鉄橋である。
 車で走っていると平凡に見えるが、下から見るとトラスに組んだ鉄骨の構造に驚いてしまう。リベットにより複雑に組み合わされていて、厚さは10mを越えるものと思われる。大野橋に併行してもう1本の橋がある。これは「専用橋」といい、日本電信電話公社が昭和48年に架設したものである。

大野橋G

峰之澤橋と「渡らずの鉄橋」

 秋葉ダムが堰き止める水面は約190ha、「秋葉湖」と呼ぶ。水が綺麗なのでアユ漁が盛ん。友釣りを楽しむ人も多い。国道152号沿いにソメイヨシノが植えられていて(10kmに1000本)、開花時には「千本桜祭り」とともに「秋葉ダムさくらマラソン」も開催される。
 秋葉湖の両岸を航空写真で見ると、ほとんど山林で町はない。しかし、所々に「ポツンと一軒家」ではないが、小さな集落が散在している。秋葉湖の中ほどに、人の歩ける吊り橋がある。「峰之澤橋」という。長さ157m、昭和32年(1957)に完成した。集落と国道とをむすんでいるのだろう。

渡らずG

 飯田線は不思議なルートを通る。愛知県では、天竜川支流の「相川」を斜めに北上するが、中部天竜駅辺りからトンネルを潜って、中央構造線の静岡県「水窪川(みさくぼがわ)」沿いに走る。水窪駅を過ぎると、再びトンネルを通って伊那谷・長野県「天竜川」に戻る。
 水窪駅の手前に面白い鉄橋がある。「渡らずの鉄橋」と呼ぶ。飯田線のレールは、集落の茶畑を通過すると水窪川に突入するが、対岸に渡ることなく河川敷の途中から元の左岸(写真では右側)に戻るのである。川の中や河川敷に林立するコンクリートの橋脚が、奇妙な光景をつくっている。

渡らずマップ

秋葉橋と気田川橋

 秋葉街道は、信州南部と遠州とを結ぶ「信仰の道」です。「秋葉神社」に詣でる人たちが歩きました。また、遠州からは塩、信州からは山の幸が運ばれる道でもありました。北からは、赤石山脈(南アルプス)と伊那山脈の間の険しい道で、途中、青崩峠・地蔵峠・分杭峠などの難所がありました。
 秋葉山の麓に「秋葉山本宮・秋葉神社」が鎮座しています。創建は和銅2年(709)と伝えられ、火防・火伏の神さま「秋葉大権現」と称して国中の信仰を集めています。江戸時代には全国に「秋葉講」が結成されて、「秋葉詣」が行われました。今でも台所などにお札を貼る家があります。(我が家にもあります)

秋葉I

 秋葉街道から枝分かれして気田川に沿って進む道があります。天竜川を渡る橋が「秋葉橋」、気田川は「気田川橋」を渡ります。いずれも吊り橋ですが、秋葉橋は板張りの人道橋です。長さ210mは天竜川に架かるつり橋としては一番長いものです。主塔はまるで高圧電線の鉄塔のよう、手すりは華奢なネットです。昭和46年に完成しました。
 気田川橋は、トラスで補強された鉄橋で車も走ることができます。昭和32年(1957)竣工、長さ約190mです。秋葉山南麓を流れる「気田川」は清流で知られ、地元の人は「日本一きれいな川」と誇っています。鮎釣りやホタルの名所にもなっています。

秋葉橋G

稲武大橋・瑞龍寺・風のつり橋

 飯田街道(国道153号)は、昭和52年に城山トンネルができるまでは、城山を迂回するルートだった。現在は国道の北側、古い町並みの残る旧道がそれである。名倉川(矢作川の支流)に立派な鉄橋が架けられたのは大正15年のことである。「稲武大橋」という。
 この当時は、貴重な鉄骨を使った橋は少なく、その製作技術も圧巻だったという。橋を渡っている時は、ごく平凡な橋にしか見えない。しかし、河原へ降りて下から見ると、その苦心の跡を見ることができる。細いアングル材を鉄板とリベットで繋ぎ合わせて、トラスとアーチの構造に仕上げている。

稲武マップ

 どんぐりの湯とトンネル、橋を過ぎた左側に、枝垂れ桜の大木がある。花の時季に寄ってみたいと思うのだが、いつも通過してしまう。瑞龍寺という古刹の境内に植えられている。正保元年(1644)ごろの植栽、高さ8m、幹回り3.4m。県の天然記念物に指定されている。
 名倉川の少し上流へ国道257号で遡ると、木製の吊り橋が架かっている。「風のつり橋」と名付けられている。橋を渡った正面に見える小山は「大井平公園」といい、秋の紅葉は見事である。このあたりの名倉川は水が綺麗で、夏はホタルが飛び交うという。

稲武G

季節通信127イバラ餅


佐屋街道・尾頭橋と八熊線・住吉橋

 金山駅の西南、国道19号の交差点に古色を帯びた道標が立っている。「西左:なごや道」「西右:宮海道」「南左:さや海道 つしま道」と刻まれている。江戸時代の重要な道案内である。「海道」とあるのは、「宮」「さや」から、それぞれ舟での旅となるからであろう。
 東海道は「宮宿」(熱田)から「桑名宿」まで海上の舟旅となる。「七里の渡し」という。船旅を避けたい人のために陸路の迂回路があった。「佐屋街道」あるいは「姫街道」という。堀川を「尾頭橋」で、庄内川を「万場」で渡る。佐屋宿から川舟に乗って3里下って「桑名宿」に至る。

佐屋街道G
佐屋街道H

 佐屋街道の南に八熊通りが走っている。現在はこちらの方が発展していて道幅も広い。堀川に架かる橋も堂々としている。「住吉橋」という。江戸時代の七橋には含まれていない。八熊通りは国道29号・名古屋―弥富線の、名古屋市内の名称である。かつて存在した八熊村の名称を引き継いだものであろう。
 交通量が増えて道路拡幅を考えたとき、既存の街道には商店や民家が建て並んでいて移転は難しい。近くにバイパスとして新しい道路を造るのが常套である。八熊通りが堀川と交差するのが「住吉橋」である。型式は名古屋市内では珍しい「ラーメン橋台橋」、3連アーチの美しい外観が特徴である。このデザインは、関東大震災の復興橋梁として都市河川に多く採用されたものという。

佐屋愛道I

桜橋と伝馬橋

 江戸時代、東西の主要道路は広小路か伝馬町であり、菅原町という細い通り(今は桜通り)には橋がなく、中橋か伝馬橋へ迂回するしかなかった。昭和12年に名古屋汎太平洋博覧会が開催されるに当たって、名古屋駅が笹島から北へ移転した。その正面から東へ伸びる道路として整備されたのが桜通りであり、堀川に架かる橋が「桜橋」である。

桜橋G

 「伝馬」とは、宿場をつなぐ馬のことである。飯田街道は泥江が起点で、伝馬町を通って八事へ向い、足助・稲武を経て信州・飯田までつながっている。美濃路は熱田から発し、本町通りを伝馬町筋で西に曲がって泥江から北上する。
 泥江の交差点は7本の道の出入り口で、戦前までは信号のないロータリー(今で言うラウンドアバウト)であった。現在の名古屋駅のあたりに馬車屋があり、馬がたくさん居たという。堀川の船便や鉄道輸送もあり、物流の中心地であった。
 「伝馬橋」も五条橋と同じで、清洲越しで運ばれた。当時は、長さ11間5尺(約22m)の板橋で、高欄には擬宝珠が付いていた。現在のものは大正9年(1920)に架け替えられた。単純RCアーチ橋としては、中部地方では最古期のものである。橋の畔には材木商などが集まっていた。現在は街園になっている。
 
伝馬橋G

外堀の御園橋と県立図書館

 かつて栄に「県立図書館」があった。現在の「オアシス21」の場所である。高校生や受験生の「勉強室」があり、多くの若者が足繁く利用していた。私はあまり使ったことはないが、玄関を入った直ぐのホールに「防人(さきもり)」の木彫があったことを覚えている。今どこにあるのだろう?
 平成4年(1992)、隣の「旧栄公園」内に「愛知県芸術文化センター」が整備された。それに伴い、「愛知県文化会館」はその役目を終える。「美術館」と「ホール」は、拡張されて芸文センター内に整備されたが、「図書館」は名古屋城内に移転された。三の丸の西北角である。(前回のマップ参照)

御園橋G - コピー

 外堀を渡るのは「御園橋」である。県立図書館は、かつて「御園門」のあった所にある。一階は広いロビーになっていて、喫茶コーナーで買ったコーヒーを飲みながら閲覧することもできる。大きなガラス窓から、間近に迫る土塁の巨木が目に入ってくる。栄のときとは一味違う読書室である。
 御園橋は、明治44年(1911)に完成したが、今のような欄干に修景されたのは平成2年のことである。市内唯一の明治期の鋼橋(単純鈑桁)で、リベット仕上げの橋としては我が国でも最古級といえる。かつては橋の下を瀬戸電が走っていた。
 石垣の角に文化財の説明版が立っている。この地が「大原幽学」の生誕地であるという。幽学は江戸時代後期の農政学者、農民指導者。下総国香取郡長部村(現在の千葉県旭市)を拠点に、天保9年(1838年)に「先祖株組合」という農業協同組合を創設した。世界で初の試みという。

御園橋H - コピー

筋違橋と西北隅櫓

 「筋違橋」を“すじちがいばし”と読んでいたので、宿場町などで見る「枡形」のような形状と思っていた。雁木(がんぎ=ぎざぎざ)のように直角に曲がっていると。しかし読みは“すじかいばし”、「はすかい」の意味である。そういえば、建物の壁に補強材として入れる「筋交い」と同じ発音である。
 ネットで調べると、同じ名の橋が大阪にも東京にも、また鎌倉にもある(あった)ことが分かった。川(堀)に対して斜めに架かる橋を呼ぶ時の、標準語?なのであろう。費用を考えれば川と直角にすれば、最短距離で架橋することができる。はすかいに橋を架けるのには、それなりの事情があったのだろう。

筋違橋G

 名古屋城の西北端、お濠に沿って北へ向かう道路に架かっている。東北から流れてきた堀川が、斜めに流れているので、橋を「はすかい=筋違い」に架ける必要が生じたのだろう。現在の橋は、昭和8年(1933)に完成した。方杖ラーメン橋という形式、戦前のものは珍しいという。
 現在の名古屋城では、水の入ったお濠はあまり見られない。水面の向うに白亜の櫓が見える。「西北隅櫓」(重要文化財)という。「清洲櫓」とも呼ぶ。名古屋城築城の折、清州を町ごと移転(清洲越し)したが、その時に清洲城(2019・5・1参照)の「小天守」を移築したと伝えられている。

季節通信192テッポウユリ



養老の源氏橋

 今度は、源義朝である。家康は四日市から船で常滑に渡った(2022・6・26)が、義朝もやはり小舟で野間へ逃れた。平治元年(1159)、平治の乱で平清盛に敗れた義朝は、勢力圏である関東に落ち延びるため東へと向かっていた。途中、大垣の青墓という所から舟で知多へ渡ることとした。
 養老駅のすぐ東に「源氏橋」という石橋がある(前回の図面参照)。ここから乗船したという記念の橋だが、川は2~3mの細い水路である。南に流れて、揖斐川の支流・津屋川に合流する。義朝の主従5人が「柴舟」という小さな川舟に乗ったというが、果たしてそのまま伊勢湾を渡れたのだろうか。

源氏橋G

 現在、石橋は車道から少し離れたところに架かっている。橋台は石積みだが、橋脚も高欄も切石造りである。親柱に仮名?で「げんじはし」と記してある。もう一つの柱には、「明治十三年」と刻まれている。高欄の石板に源義朝の家紋「笹竜胆(ささりんどう)」がレリーフとなって描かれている。
 野間まで逃げ延びることができたが、頼りにした知人の裏切りにより風呂場で討たれてしまった。野間大坊には義朝のお墓があり、後世の人たちが木刀を奉げている。(2020・6・21参照)
 鎌倉時代、江戸時代、それぞれが始まる前段で、歴史が変わるかもしれない大事件があった。

源氏橋H

揖斐川橋梁(東海道本線)

 残りの2本の橋梁をご紹介しよう。東海道本線で現在使われている「揖斐川橋梁」と、今は道路(歩行者と自転車専用)として使用されている「旧揖斐川橋梁」である。「旧橋梁」については、すでにこのブログに掲載(2014年2月5日)しているが、再度話題に乗せたい。
 グリーン色に塗られた「揖斐川橋梁」は、東海道本線としては3代目である。初代(旧橋梁)は明治20年(1887)、二代目は大正2年に供用開始されている。現在の橋は昭和36年からで、2代目のものは昭和60年に撤去された。初代の旧橋梁は平成20年に、国の重要文化財に指定された。

国鉄橋梁G

 現在の揖斐川橋梁は複線で、延長約305m、下路平行弦ワーレントラスの5連である。上流に並行して走る「旧揖斐川橋梁」や「樽見線の揖斐川橋梁」と比べると、デザイン的には少し簡素に見える。建設時の、戦後間もない昭和30年代を考えると、美観よりも機能性を重視したのだろうか。
 旧揖斐川橋梁の上部構造の鉄骨部分は、イギリス人技術者の設計によるものである。製作もイギリスの「パテント・シャフト&アクスルトゥリー社」が行った。鉄骨にプレートが張り付けてある。橋脚の煉瓦構造の写真は8年前に撮ったものである。橋の色を見ると、塗装が新しく塗り替えられている。

国鉄橋梁H

揖斐川橋梁(樽見鉄道)と揖斐大橋

 鉄道が揖斐川を跨ぐ橋梁が3本ある。南から順に、①JR東海道本線「揖斐川橋梁」、②「旧揖斐川橋梁」(2014・2・5掲載)、③樽見鉄道・樽見線(2013・12・9参照)「揖斐川橋梁」である。ここでは、樽見鉄道の橋梁をご紹介する。
 樽見鉄道の前身「国鉄樽見線」は、昭和10年に着工したが戦争により一時中断、揖斐川橋梁も工事に入ったが完成直前に撤去されてしまった(金属回収?)。再開されて開通したのは戦後、昭和31年になってからである。橋梁は新設でなく、御殿場線の5か所のトラス橋を再利用した。
 写真で左端の台形の橋は長さ100フィート(約30m)、大正5年の川崎造船所製である。右の5連のトラス橋は各200フィート、明治33年のAアンドP・ロバーツ製である。昭和59年に3セクの樽見鉄道に移管した。カラフルな1両編成の車両が走っていた。

揖斐大橋マップ

 少し下流の県道31号に、「揖斐大橋」が架かっている。長さ約385m、幅員約15mのワーレントラス橋である。昭和8年に完成したときには鉄道との併用であったが、鉄道計画は事業化されず昭和39年に道路専用橋となった。岐阜と大垣を道路(県道31号)と鉄道で結ぼうとの計画があったのである。

揖斐大橋G

平和橋

 昭和12年(1937)、港区で「名古屋汎太平洋平和博覧会」が開催された。「産業の振興」・「文化の発展」・「平和と親善」を目的とするもので、78日間の期間中に480万人の入場者を得たという。平和橋は、この時に建設されたもので、博覧会の主旨「平和」の文字に因んで名付けられた。
 この年は、東洋一と謳われた名古屋駅の駅舎が完成し、また東山動物園・植物園も開園した年である。100万都市名古屋が目覚ましく発展した時期である。博覧会の会場は都心から離れた場所であったので、市電が延伸整備された。平和橋の幅員が非常に広いのは、真ん中を市電が走ったためであろう。

平和橋マップ

 平和橋は、港北運河を跨ぐ橋である。港北運河は、中川運河の支線として開削されたもので、当時は艀(はしけ)による物流が盛んであった。橋のクリアも船舶が通行できる高さだったと思われる。現在は、運河の一部(平和橋の下も含む)は埋め立てられて「港北公園」となっている。
 博覧会会場は、現在「港アクルス」(2019・3・11参照)として再開発されている。住宅ゾーンや商業ゾーンなどがあり、その中心に「ららぽーと」が営業している。ららぽーとの南に「水上バス」の船着き場がある。港北運河・中川運河や名古屋港を運行する船である。

平和橋G

季節通信174ラムズイアー



保曽井神社の太鼓橋(曽井のそり橋)

 四日市は、海岸の港と標高1212mの御在所岳の中間にある。その間を国道477号が結んでいる。東海道は追分の地で伊勢街道と枝分かれするが、その手前、三滝川を渡ったところで右に曲がると477号(湯の山街道)である。
 緩い坂道を登っていくと右に「曽井町」があり、東名阪自動車道の四日市インターに至る。インターを通過してさらに西に向かうと、個性的な展示で名高い「パラミタミュージアム」がある。池田満寿夫の陶彫などを収集している。7年ほど前に世界の植物画(ボタニカルアート)を観に行ったことがある。

保曽井神社H

 1300年の歴史をもち、豊かな源泉に恵まれた湯の山温泉に「御在所岳ロープウェー」の登り口がある。全長2160m、標高差780mを12分ほどで登りきる。白く塗られた鉄塔は高さ60m、日本一高い支柱である。晴れた日には、近鉄の車中から遠望することができる。
 曽井町に「保曽井神社」がある。曽井には、伊勢神宮にお米を納める「御厨」があった。「御厨(みくり・みくりや)」は、「神の台所」を意味する。保曽井神社は御厨の成立と深い関係にあるという。長い参道の入り口に石造りの太鼓橋がある。長さ2.1m、幅1.5mの小さなものだが頑丈なつくりである。欄干の柱に6個の擬宝珠をもつ。天明6年(1786)に架けられたもので、神社にとっては貴重な宝物である。

保曽井神社G

四日市の「思案橋」と常滑の「腰掛石」

 ブログを10年も書いていると(760回発信)、面白いことに出会う。四日市旧港西の「思案橋」という謂われのある橋を取材したところ、徳川家康がここで思案に暮れたことからの命名とのこと。それを聞いて、常滑の「正住院」というお寺に、家康の「腰掛石」があったことを思い出した。
 天正10年(1582)6月、家康は安土で織田信長のもてなしを受けた後、堺でくつろいだ遊覧の旅をしていた。そこに、京都・本能寺で信長が明智光秀に殺されたとの知らせが入ったのである。身の危険を感じた家康は、伊賀の山越えをして三河・岡崎に逃げ帰る道を選んだ。

思案橋G

 何とか山賊の攻撃などを凌いで、伊勢の国・四日市に到着したのがこの地である。昔は、「築地」と呼ばれる港の入口の州浜であったという。そこに架かる土橋の上で、陸路を行った方が良いのか、海路を舟に乗った方が助かるのか思案したのだという。
 現在は、広くなった道路の両側にモニュメントとしての「思案橋」が造られている。橋のたもとにはヤナギの古木も植えてある。
 何とか無事に伊勢湾を渡った家康は、尾張の国の常滑に上陸した。その港近くのお寺・正住院で、ホッとして座った石が「家康公腰掛の石」(2018・5・31参照)として伝わっているのである。

家康の石G

季節通信43フタバアオイ

顕正寺山門とつんつく橋

 四日市あすなろう鉄道・内部線(2014・9・17参照)・日永駅の西に、面白い2つの施設がある。ひとつは顕正寺山門であり、もう一つは天白川に架かる「つんつく橋」である。この辺りは、四日市港と鈴鹿山系御在所岳・鎌ヶ岳の中間地点に位置する平野である。
 顕正寺の山門は、寺院には似つかわしくない形をしている。「高麗門」という形式で、通常は城郭の門として設置される。2本の本柱の上に切妻屋根が載り、控え柱の上にも切妻の小屋根を載せている。元は鈴鹿の神戸城にあった門を、明治9年(1876)に移築したものだという。

つんつく橋マップ

 「つんつく橋」は何の変哲もないコンクリート橋である。架かる天白川も小さな川で、橋長も長くなく幅員も左右一車線と歩道で構成されている。しかし、高欄に面白いレリーフが添えられている。「日永つんつく踊り」を描いた作品である。
 この踊りは、日永地区に古くから伝わる郷土色豊かな踊りである。その起源については、滝川一益の命により、母親の隠居所あるいは天白川の堤防を築くための「地固め」のときに歌ったのが始まりとの伝承がある。今でも、6月第一土曜日に両聖寺境内で、保存会を中心に開催されている。(踊りの写真は四日市観光協会のホームページから転載した)

つんつく橋G

臨港橋と末広橋梁

 港には、船が着岸したり荷物を運搬したりする突堤や運阿が張り巡らされている。陸側の末広町と出島の千歳町の間に千歳運河が流れている。この運河を跨ぐ道路と鉄道に、2つの珍しい「跳ね橋」が架かっている。(前回のマップ参照)
 鉄道は四日市駅から枝分かれした臨港線で、出島に渡ってから二手に分かれて島の先端まで運行する。跳ね橋は「末広橋梁」という(下の写真=2013・07・08参照)。この日は平日だったので、橋は跳ね上がったままで列車が運行するときだけに下ろされる。(休日はその逆)

臨港橋

 道路に架かる橋は「臨港橋」という。こちらは常時は車が通れるように閉っていて、船舶が通る時だけ70度跳ね上がる。橋の中央付近にある機械室に管理人がいて、船が近づくと操作するシステムになっている。その人の話によると、通行回数は1日に数件だという。
 現在の橋は3代目で、平成3年(1991)に完成した。初代は昭和6年(1931)だという。親柱は、地元の焼き物「万古焼」のタイルが貼ってある。可動部の手すりに斜めの切れ目がある。いろいろな方角から時間をかけて写真を撮っていたが、残念ながら跳ね上がるシーンを見ることはできなかった。

季節通信171エゴノキ




東谷山と東谷橋

 東谷山は、守山区と瀬戸市の境界にある。標高は198mあり、名古屋の最高峰となっている。古くから信仰された霊山で、熱田神宮の奥の院としても信仰を集めた。また、山中や麓に多くの古墳があることでも知られている(2020・11・29「古墳」参照)。山裾には「東谷山フルーツパーク」がある。
 庄内川に架かる東谷橋は、JR中央線・高蔵寺駅の南約500mの位置にある。県道53号と15号を結ぶ橋でもあって普段から交通量は多いが、フルーツパークの「枝垂れ桜」の咲く季節には大渋滞となる。明治以前は渡し船、大正になって木橋が架けられた。現在の橋は昭和33年(1958)に架け替えられたものである。長さ160m、幅6mのデッキトラス橋である。

東谷橋G

 橋を渡りきってフルーツパークへと向かう交差点に案内板が立てられている。しかし、車道外の部分に工事用のバリケードがあり、あまり美しい景観とは言えない。県立大学の案内板はあるが、最近整備された「志段味古墳群」の案内は見当たらない。二つの文化・観光施設の導入部であり、春日井市からの玄関口でもあることを考えると、少し配慮に欠けていると思われる。
 気を取り直して橋の上から東谷山を眺めてみよう。5月の初めだったので、シイノキの花が森を金色に染めていた。東谷山の北斜面は、この地方に残された貴重な「照葉樹林」なのである。信仰のある山として、古来からの自然林が守られてきたのであろう。
≪名古屋市内でのまとまった照葉樹林(シイやカシ、サカキなどの森)は、熱田神宮と徳川園とここだけである≫

東谷橋マップ

季節通信176サカキ

多治見橋

 名古屋の城下は、東海道や中山道など主要街道から離れていた。そこでそれらと結ぶ脇街道が発達する。「下(した)街道」は、名古屋から中山道大井宿に至る道である。内津峠を越えて多治見を経由する。現在の国道19号やJR中央線に近いルートである。
 多治見は古くから陶器の町として知られる。七世紀初頭から始められ、志野や織部といった美濃焼に発展している。多治見の街道沿いには今も歴史を物語る町名が残っている。本町・中町・上町・栄町、明治町・大正町などという名もある。土岐川を跨ぐのが「多治見橋」である。

多治見橋G

 明治の初めまでは、水量の少ない冬季には土橋が架かっていたが、夏は渡し船であった。初めて本格的な板橋が架けられたのは、明治13年(1880)の明治天皇行幸のときである。長さ110m、幅4mだったという。しかし、翌年洪水により流失してしまった。その後、4代目まで木製であった。
 鉄筋コンクリートの永久橋が出来たのは昭和12年、現在の「多治見橋」である。延長115m、幅員11m。当時は国道であったが、19号がバイパスに移った後は県道15号となっている。平成になって欄干や照明灯などの修景が行なわれた。


木曽川の橋3本

 木曽川の流れは、三派川地区を過ぎると急に川幅が狭くなる。ここには道路や鉄道の橋が集中している。県道14号(岐阜街道)の「木曽川橋」、名鉄本線、JR東海道本線にそれぞれ架かる「木曽川橋梁」である。また、新しい国道22号(名岐バイパス)の橋も架かっている。
 「木曽川橋」(上の写真)は昭和12年に開通、“下路ブレースドリブタイドアーチ橋”で橋長462m、幅員9mである。昭和39年(1964)に歩道が添架された。歴史的に見ると、渡し船(宝江の渡し)に代って「舟橋」が出来たのが明治11年、明治43年には「木鉄混合」の“下路ポニーダブルワーレントラス橋”が架けられた。

木曽川3本の橋G

 名鉄名古屋本線の「木曽川橋梁」(中)は、鉄錆色に塗られているためか古めかしく見える。“下路曲弦ワーレントラス橋”で長さ485m、複線式である。名古屋鉄道が昭和9年に合併した美濃電気軌道から引き継いだため、橋梁の前後が曲線になっており名古屋本線高速化のネックになっているという。
 JR東海道本線の「木曽川橋梁」(下の写真)は、名鉄と違って上り線と下り線が分かれて2本の橋梁になっている。当初に架けられたのは明治20年。単線であったが明治42年に、下流にもう1本下り線が追加された。その後老朽化のための架け替えが行われ、現在のものは上り線が昭和46年、下り線は昭和33年に架けられたものである。いずれも長さ約620m、9連のトラス橋である。

季節通信166ユズリハ



河田橋(こうだばし)

 愛知県一宮市の浅井町河田と岐阜県各務原市川島河田町は、安土桃山時代の大洪水により木曽川の流れが変わるまでは同じ一つの村であった。今は、南派川を挟んで左岸と右岸に分かれている。これを繋ぐのが「河田橋」である。“こうだばし”と読む。(前回のマップ参照)
 車道と歩道の2本が並んでいる。長さはどちらも約260m。車道の幅員は6m、昭和33年(1958)に開通した。歩道は幅員2.25m、少し遅れて昭和49年(1974)に追加された。鮮やかな青色に塗装され、遠景の「138タワー」や「伊吹山」「養老山系」とともに美しい景観をつくっている。

河田橋G

 元々この地点には、「河田渡船」という渡し船が連絡していた。しかし、洪水などにより度々欠航となるので、大正11年になって初代の河田橋(木製、長さ約140m、幅3.6m)が架けられた。昭和になり交通量も増えたため2代目(木製、長さ200m、幅3m)に架け替えられたが、洪水のため破損や流失が起こったので、鋼鉄製の現在の橋に架け替えられたのである。
 型式は「ワーレントラス」、橋の側面に建設などの履歴を記したプレートが取り付けられていて車道、歩道それぞれの完成年月日を知ることができる。また、塗装に関する「仕様」も明記してあった。

季節通信187イタドリ


.

新川橋

 県道50号は名古屋碧南線と呼ばれる主要地方道である。名古屋から大府、刈谷、高浜を経て碧南に至る。高浜市内では名鉄三河線と並行し、県道43号・岡崎碧南線とつながって大浜の港町まで続く。沿道には商店・西芳寺・藤井達吉近代美術館・九重味醂本社工場などが集積している。
 古くから重要な道路であったので、新川が開削された当時(宝永2年=1705)から橋が架けられていた。平成9年に改築された現在の橋の建設は、並々ならぬ力の入れようであった。有名建築家に設計を依頼して、個性的なデザインに仕上がっている。

新川橋G

 海へと漕ぎ出す「帆舟」の形のオブジェが橋を覆っている。赤い支柱に支えられた白いアーチをくぐるという珍しい橋である。歩道の手すりは波型になっていて、川に向かってデッキの役割を果たしている。支柱の根元には小さな「係船柱(ボラード)」があって「港」のイメージを強く演出している。
 新川は沿岸に発達した工場などへの海運の役割も担っていたという。現在も漁船などが係留されている。さらに、海に向かってプレジャーボートの基地がある。新川橋の上流には「衣浦マリーナ」、下流には「碧南マリーナ」がある。水面から釣り上げた船を補修するドックも備えられている。

新川橋H

季節通信161立体花壇


フォレストブリッジ

 「いのちの池」に架かる「フォレストブリッジ」は、健康の森の大動脈を構成している。「あいち健康プラザ」のアトリウムを抜けて階段を下ると橋があり、目線はガラス張りの「交流センター」へと向かう。交流センターの建物は、園路の幅だけ空間となっていて、そのまま西へ進むことになる。
 そこにはフォレスト最大の駐車場がある。車で来た人は、今の説明の反対のルートで歩くことになる。西側からプラザを眺めると、フォレストブリッジの先にアトリウムが聳え、個性的な橋と一体となって美しい建築景観を呈している。

橋G

 この橋の力学的構造は、アーチである。アーチからワイヤーによって橋面が吊り下げられている。両側のアーチの基部は近接しており。上へ行くほど開いている。この形がデザインの“みそ”であろう。真ん中の写真を見ていただくと解るように、橋を歩く人にとって非常に開放的な空間になっている。
 (正式に言うと「逆台形断面でV字に開いたアーチリブの中路式固定アーチ型ローゼ桁のデザイン」と言うらしい。)
 橋を下から見ると、太いアーチの鉄骨が力強く、安定感を感ずることができる。「いのちの池」に架かる橋であることを考え合わせると、頑健な背骨かあばら骨を連想してしまう。

橋H

宝橋と子どもの森

 国道155号と分岐して南へ走る道路を「健康の森線」と呼ぶ。なだらかに曲がりながら、樹林の中を走る快適な道である。私は年に3~4回半田へ行くためにこの道を通る。時には「げんきの郷」に立ち寄り、新鮮な野菜や魚を買うこともある。
 この道路を横断する歩道橋は、本園と東園とをつないでいる。「宝橋」といい「子どもの森架け橋」とも呼ぶ。長さ35m、白く塗装された斜張橋である。渡った先には「子どもの森」がある。全長120mものローラーすべり台や各種のコンビネーション遊具があって、子供も大人も一緒に楽しめるようになっている。

宝橋H

 東園には「ほたるの里」がある。樹林の中の水路を使って森岡自治区の「ホタル保存会」がボランティア活動として管理しているという。毎年6月に観察会を催している。私もかつて(50年前)東山植物園でホタルの飼育を経験しているので興味がある。一度見学してみたいと思う。

季節通信158ホテケノザ



▲ページトップ

Appendix

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ