FC2ブログ

Entries

常滑市の篭池古窯

 名鉄常滑線・大野町駅から東へ3kmほど走り、自然林と竹藪とが混交するところにヒッソリとした階段をようやく見つけた。小さな看板があるけれど、なかなか見つけることが出来なかったのである。階段を登りきったすぐにフェンスと上屋に守られた 「篭池古窯」 があった。
 篭池3号窯と9号窯が2基並んで横たわっている。知多半島は中世陶器の一大生産地で群を成して分布しており、総数1000基を越えると推測されている。この常滑市久米字篭池にも10数基があったといわれている。

篭池古窯G

 この古窯は、斜面にトンネルを掘り抜いて造られた 「窖窯 (あながま) 」 という構造である。手前 (下) から焚口・燃焼室・分焔柱と続き、焼物を置く焼成室があって煙出しを経て地上に至るものである。焼成室を被っていた天井の部分は陥没して存在しないが、分焔柱は見事に残っている。
 この地域では、大甕の生産が盛んであったが、ここでも大半の製品が大甕であったものと考えられている。窯が造られたのは鎌倉時代、13世紀前半と推定されている。昭和36年に愛知県の史蹟に指定された。

篭池古窯マップ


季節通信6花菖蒲

東山植物園の窯跡

 東山植物園大温室の東を左に折れると、それまでの洋風庭園が一変して和風の庭になる。まず也有園、奥池、その畔に 「合掌造りの家」 があり、その奥は 「日本庭園」 と呼ばれている。この辺りから谷間がだんだん狭くなってくる。順に沼・渓流・池・滝へと登っていき、山間部ならどこにでも見られるような自然風景が演出されている。
 その最上流の 「滝」 の隣に杉皮葺きの小屋が建っていて、その中に古い 「登り窯」 (穴釜) が横たわっている。これは、この庭園が整備された昭和47年に発見されたものである。

東山窯跡X DSC_0052

 鎌倉時代に築かれたというこの窯には、東山古窯跡群 H-101号窯 という名が付けられた。窯の周辺からは、皿や壷などの陶器 (須恵器など) が大量に出土して、今も大切に保管されている。焼き物を作るには、良質な粘土と燃料となる薪、そして水が必要であり、この地はそれを充分に満たしていたのである。

東山窯跡Y DSC_0054

 東山公園一帯は、猿投山山麓に広がる 「猿投山古窯群」 に連なっていて、多くの古窯が発掘されている。この地域で発生した窯業は、さらに良質な粘土を求めて、北は瀬戸へ、南は常滑へと発展していくのである。この遺跡で貴重なことは、窯の天井部分がわずかではあるが残っていたことである。写真で下方が焚き口、上方が煙出し口で、煙出し口近くに天井を見ることができる。

植物園マップ

▲ページトップ

Appendix

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ