FC2ブログ

Entries

矢作古川分派施設

 矢作川は、長野県平谷村に端を発し、愛知県の豊田市や岡崎市、安城市や西尾市を流れて三河湾に注ぐ。延長117km、流域面積1830平方km、標高差約1900mの一級河川である。かつては、上流からの木材や下流からの塩などが行き来する、重要な交易路であった。
 戦国時代に入ると、三河の国も織田・今川・松平 (徳川) などの戦国大名が覇権を争う舞台となった。大名たちは領土を拡大するだけでなく、勢力を増大するために領土内の農地開発にも取り組んだ。洪水に悩まされてきた矢作川では、大規模な治水工事も行なわれるようになった。

矢作古川マップ

 安土桃山時代 (1590年ごろ) には、秀吉の命により築堤工事が行なわれ、網上に乱流していた矢作川は徐々に一本化された。しかし、八ツ面山 (やつおもてやま) より下流は、依然として洪水が治まることはなかった。江戸時代になって米津方面に向けて新川が開削され、ようやく水害は防止されるようになった。
 上の写真は新川と古川の分岐地点、手前が古川である。平成28年になって、古川の始点に新たな洪水調整のための施設ができた。「矢作古川分派施設」という。高さ約16m、幅約66mの巨大なコンクリート構造物である。この水門により流量を調節することができるようになり、下流域はより安全な地域となった。

矢作古川G

湯谷の「水車製材所」跡

 豊川の河口部には、上流から流れてきた 「いかだ」 の集積地があり、板や柱に加工する製材所が たくさんあった。明治末になって鉄道が通るようになると材木を陸送できるようになり、山間部にも製材所が設置された。
 湯谷にあった 「東川製材所」 もそのひとつで、明治42年 (1909) に建設されたものである。戦後まもなく工場は焼失したが、水車や石組みが残っているという。赤い吊り橋から眺めると、川中の巨石 「馬の背岩」 の左岸にそれらしい痕跡を見ることができる。

湯谷水車G

 国道151号線から回り込んで近くへ行ってみると、確かに鉄製の大きな水車がわずかに頭だけを見せている。土砂や草に埋もれて全貌を見ることはできないが、水車の直径は5.5m、幅は1.22mもあったとのこと。水の力を利用して、ノコギリを回したのであろう。
 水車の水源は、280mもの上流にあった。小さな堰が今も残っていて、川の端に取水口跡がある。水路はすでに埋め立てられていて、今は 「ささやきの小径」 と呼ぶ散策路になっている。この古い温泉郷には、手筒花火や五平餅、天下の奇祭と言われる 「花まつり」 などの伝統的な文化が息づいている。

湯谷水車H

長良川改修と陸閘

 長良川は昭和初期まで、長良橋下流付近で古川・古々川とともに3筋に分かれていた。大雨になると長良川右岸のこの地域に洪水が押し寄せ、家や田畑を荒らすこと度々であった。そこで、古川・古々川を締め切り、長良川一本にする計画が立てられた。
 工事は昭和8年から始められた。長良橋から下流5.6kmの右岸堤防を平均100m北側に移して築造し、河川幅を広げて水を流れやすくした。幅の広い河川敷には、運動場などが整備されて市民の憩いの場になっている。廃止した両河川の跡には水路を造り、排水機によって鳥羽川の方へ流すこととなっている。

長良川防災G

 安全になったこの地域は、広大な敷地を利用した区画整理により、住みやすい住宅地や学園街として蘇った。シンボリックな国際会議場や、デザインの良い高層ホテルなども設置されている。堤防の一角には、この改修工事の概要を記した看板や、石造りの記念碑が立てられている。
 長良橋上流も昔から洪水には悩まされているようで、右岸堤防沿いに防護のための施設が作られている。家々の河川側には、堤防よりさらに高い玉石積みが延々と整備されている。取り付け道路や家の出入口など玉石積みの切れ目には、「陸閘」 と呼ばれる頑丈な鉄板の扉が設置されている。

長良川防災マップ

飛騨古川の瀬戸川と白壁土蔵街

 高山市を過ぎ、富山に向かってさらに北上すると古川の町に至る。この町は戦国時代、秀吉の命を受けた金森氏が飛騨を統一して増島城を築いたのが始まりで、その城下町を基にしてできた町並みである。高山と同様に、飛騨の匠の手による伝統的な木造建築が軒を連ね、新しい建物も周囲との調和を考えて建てられていて、美しい町並みが保存されている。
 町の真ん中を流れる 「瀬戸川」 は、約400年前に増島城の濠の水を利用して、新田開発のために掘られた用水である。まつり会館や匠文化館のあるまつり広場から東に向かって歩くと、美しい水の流れる水路と、平行して軒を並べる白壁土蔵の街を見ることができる

古川水路マップ

 昔の瀬戸川は、野菜なども洗えるきれいな水流だったが、高度成長の時代に著しく汚れてしまった。しかし今は、町の人たちの活動により美しい水を取り戻している。昭和43年に放流された錦鯉が群れを成して泳ぐ風景は、古川の町のシンボルともなっている。
 水路の所々に、水面まで下りることのできる階段が残っているが、これは洗い物のときに使ったなごりであろう。瀬戸川の南側、造り酒屋や和ろうそく店が軒を並べる本通りにも、幅の狭い水路が走っている。この美しい側溝も御影石で造られており、渡りのための石橋もこだわりの造形を見せている。

古川水路A

日本最古の石(放射性同位元素による年代測定)

 放射性同位元素は、α線などの放射線を放射して別の元素に変わっていく。例えば、「ウラン238」 は最終的に 「鉛206」 になる。このときのウランを 「親元素」 といい、鉛を 「娘元素」 という。
 親元素の数が半分になる時間は一定であり、それを 「半減期」 という。ウラン238の半減期は44億6800万年であるという。この性質を利用して、考古学資料や岩石などの年代を測定する方法を 「放射性同位元素による年代測定法」 という。

最古の石マップ

 岐阜県七宗町の飛騨川は、長年の浸食により岩石が削られて川幅の狭い峡谷になっている。水・岩・森・山が美しいので 「飛水峡」 と呼ばれて観光名所となっている。高山本線・上麻生駅近くの国道41号線から青色のトラス橋を渡った対岸に、日本一古いといわれる岩石がある。
 「上麻生礫岩」 といい、昭和45年 (1970) に発見された。その礫岩中に含まれている片麻岩について放射性同位元素による年代測定を行なったところ日本列島最古・20億年前の石であることが判明した。このことは、学術的に地球誕生や列島形成の過程を知る上で、極めて貴重な要素を含んでいると考えられている。

最古の石A

犬山の鵜飼

 鵜飼は、鵜 (海鵜) を訓練し、鮎などの川魚を捕らせる古代漁法である。日本では1300年もの伝統を誇るという。先だって、犬山の木曽川で見学することができた。鵜舟は舳先にかがり火を焚き、鵜匠と船頭2人 (なか乗りととも乗り) が絶妙なコンビネーションで川を下りながら漁をする。
 鵜匠は手に手縄をつけ、縄が交わらないように巧みな手さばきで10羽ほどの鵜を操る。この日の鵜匠は、この地方初めての女性であった。見学者は、犬山遊園駅近くの乗船場から屋形船に乗り、鵜舟に並走しながら、この歴史絵巻を間近に見ることができる。

犬山鵜飼マップ

 下右の写真 (ブログ「園長さんのガーデンライフ」より転載) は、野生のウである。名古屋港ワイルドフラワーガーデン「ブルーボネット」とガーデン埠頭とを結ぶ、水上バスの船着場で撮影した。名古屋港のこの辺りは、ボラなどの魚が多いため、ウの格好の餌捕り場になっている。朝は数100羽が編隊を組んで飛び回り、午後はグループに分かれて休息している様子が見られる。

犬山鵜飼C

 正月から3回連続で、鳥の話題を掲載しました。「朱雀」 「コウノトリ」 「鵜」 です。
 鳥といえば・・・東山動植物園では、昨年暮れにトリインフルエンザが見つかり、休園を続けてきました。しかし、鳥の隔離や消毒などを行なうことでようやく収拾することができ、この13日から開園できることになりました。動物園を訪れることを楽しみにしている子供たちから、たくさん応援の手紙が寄せられたといいます。

三島の三ケ所用水

 三島は、富士山と箱根山の間の谷あいにある。三嶋大社の門前町であり、江戸時代には東海道の宿場町であった。三島駅近くの白滝公園には、富士山の伏流水が湧き出ていて、灌漑用水として南へ流れている。この水は三島宿、錦田村、中郷村の三か所の農業用水として利用されたことから 「三ケ所用水」 と名付けられている。
 水源近くには、水面に張り出すように白滝観音堂が建てられている。ここには平安時代末期からお堂があって、観世音菩薩がお祀りされている。当初はお堂の傍らに、白いしぶきをあげる滝が落ちていたので、白滝観音と尊称されたという。

三島マップ

 富士山の雪解け水が土の下にもぐり、浄化されて湧き出す水なのでとても綺麗である。清流にしか棲まない魚 「はや」 が泳いでいるという。透き通った川底には、これまた綺麗な水にしか生育しないバイカモ (ミシマバイカモ) を見ることができた。用水の横には散策路があり、所々に文学碑が立てられている。写真左に見えるのは、正岡子規の句碑で “面白や どの橋からも 秋の不二” と刻まれている。

三島E

小田井遊水地(庄内緑地)

 洗堰の近くには、もう1つの洪水対策施設がある。「小田井遊水地」 と呼ぶ “囲繞堤” で囲われた水貯めである。面積約40ha、洪水時には140万㎥もの水を貯えることができる。しかし普段は、庄内緑地という公園であり、人々の憩いの空間となっている。
 この遊水地には、いろいろな歴史があった。戦争中の昭和15年には、防空緑地として計画され、愛知県によって用地の買収が行なわれた。しかし、戦後の農地解放制度により耕作地に戻ってしまった。昭和44年ごろから再び民有地の買収が進められた。遊水地として概成したのは平成元年になってからである。

庄内緑地マップ

 公園の整備は昭和40年代から進められ、完成した区域から順次利用できるようになった。植栽された樹木は、今ではずいぶんと生育が進み、立派な樹林を構成している。写真①は、菜の花畑・ボート池・メタセコイア樹林である。②は正面入口広場の噴水、③は中央広場の芝生とケヤキの大木である。園内にはいくつかの彫刻作品④も設置されている。
 写真⑤は「ドッグラン」、犬の鎖を外して自由に駆け回らせることのできる広場である。後方の工作物は水門である。洪水が収まって、庄内川の水位が下がった後に、ゲートを開いて遊水地に貯まった水を本流へ戻す装置である。

庄内緑地A

洗堰

 庄内川流域は、江戸時代から頻繁に水害に見舞われてきました。これは、流出土砂の堆積による河床の上昇が一因であるといわれています。特に、味鋺村から五条川までがもっともひどく、庄内川右岸は湿地化していきました。
 こうした破堤による水害や湿地化を防ぐために計画されたのが新川の開削です。庄内川の水を分流し、五条川や大山川と合流させて、伊勢湾まで流す延長約20kmの川を掘ろうというものです。着工は天明4年 (1784)、完成したのは天明7年のことです。尾張藩はこのために40万両もの大金を投入し、流域数百の村々が工事に加わったといいます。

洗堰A

 大雨などにより庄内川が増水すると、流水の一部をバイパスである新川の方へ流すことにより水害を防ごうとするシステムです。そのために、堤防の一部を低くして、洗堰緑地から新川の方へ越流させる装置が「洗堰」です。長さ56m、一般の堤防より約4m低くなっています。
 かつてこの地方には、「小田井人足」 という “怠け者” を表す悪口がありましたが、本当は違うのです。尾張藩は、城下である左岸側を守るため、洪水が起こると右岸側の堤防を小田井の農民に切らせたのです。自分たちの家や田圃を犠牲にせざるを得ない不条理な命令に対して、怠け者のふりをして時間延ばしをし、村を守ろうとする切実な行動だったのです。

《下の写真で、赤い点線のように堤防が窪んでいることが分かりますか?》

洗堰マップ

島田宿の大堤

 「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」 (箱根馬子唄) と謳われたように、大井川は東海道最大の難所であった。幕府は江戸や駿府の防御のために、あえて橋をつくらなかった。しかし、橋のない大井川を渡る旅人のために馬や人足の肩車などによる 「川越制度」 をつくった。それは元禄9年 (1696) のことである。
 島田宿にはこの制度に基づき 「川庄屋」 や 「川会所」 が置かれ、川越賃銭の決定や渡渉順次の割り振りなどの業務運営を行なっていた。川会所をはじめとした建物は、昭和45年に 「島田宿大井川川越遺跡」 (国指定史蹟) としてこの地に復元された。

大井宿マップ

 大井川に平行して、「島田大堤」 が走っている。慶長の大洪水 (1604~1605) により、それまでの堤が決壊して島田宿のすべてが押し流されてしまった。そのため、正保元年 (1644) 頃までに築かれたのがこの大堤である。同時に宿内に3本の灌漑用水も完成したので、米の生産高が以前の20倍にも増えたといわれている。大堤の規模は、高さ2間 (3.6m)、延長3150間 (約5.7km) と記録されている。現在は切れ切れとなって忘れられてしまったが、かつては島田宿や下流の村々にとって非常に重要な存在だったのである。

大井宿A

志段見砂防堰堤

 「砂防堰堤」 という言葉は、一般の人には馴染みが薄いかも知れない。山間の枝川や谷川から本川に土砂を流出させないためのダムのことである。 「志段見」 は、岐阜県長良川の支流 「岩舟川」 の山裾あたりの地名で、金華山・岐阜城のちょうど北側に位置している。
 明治初期、日本政府に請われてオランダから来日し、「砂防・治山の父」 とも謳われたデ・レーケが、木曽川下流の洪水防止工事に先駆けて提案した上流域砂防工事のひとつである。幅約15m、高さ約5m、角度42度に現地の岩を組んだ構造物である。最下層に横たえた丸太の土台が、130年ほど経た今も、しっかりと石積みを支えている。

砂防堰堤A

 この日は、木曽三川フォーラムや中部産業遺産研究会などの方々による現地調査があり、当社は三次元測量のお手伝いをするために参加した。3Dレーザースキャナ (下の写真) を使用することにより、対象物に触れることなく地形や構造物の立体的な測量が可能である。複雑な形状の構造物や近寄りがたい土砂崩れの現場などで威力を発揮する新技術である。

砂防堰堤マップ

一宮・起渡船場跡

 一宮市の木曽川沿い 「起(おこし)」 地区は、かつて美濃路の宿場町であった。美濃路は、中山道垂井宿と東海道宮宿を結ぶ脇往還である。東海道の宮から桑名までは、「七里の渡し」 と呼ばれる海上の道であり、この難所を避けるために利用された街道である。
 木曽川を渡るため起には、上流から 「定渡船場」 「宮河戸」 「船橋河戸」 の3渡船場があった。その中で、常時旅人に利用されていたのは 「定渡船場」 であり、4艘の渡し舟と20人の船頭が用意されていたという。

起渡船場1

 この渡し舟は、愛知と岐阜を結ぶ重要な交通手段だったので、昭和31年に濃尾大橋が完成するまで利用されていた。船着場へ通ずる道は、現在、堤防を抜けて川原に出るための閘門として残っている。昭和29年に造られた 「起第一陸閘」 である。「陸閘」 とは、普段は開放されているが洪水時には扉が閉まって、暫定的に堤防の役割を果たす施設のことである。

起渡船場マップ

豊橋市 牟呂用水

 牟呂用水が誕生したのは明治21年、渥美郡牟呂村 (現在は豊橋市) の干拓地 「神野新田」 に水を運ぶ目的で開削された。豊川河口から15kmほど上流の頭首工から取水し、新城市八名井や宝飯郡、豊橋市の農地を灌漑した後、豊橋市街を流れて三河湾近くで最終放水する。
 現在は、工業用水や水道水としても利用されているという。途中、水面近くまで降りる階段があった。洗いものなどの生活にも使っているのであろう。この日も桶を水洗いする人がいた。

むろ用水

 今回は、豊橋駅から用水に沿って海に向かって歩いてみた。豊橋駅を東に行くと、すぐ近くに用水が見つかり、両側に整備された遊歩道を歩くことができる。さすが 「530 (ゴミゼロ) 運動」 発祥の地らしく各所に看板が出ていて、そのとおり水路はきれいに保全されていた。
 最終放水樋管は、堤防の大改修により新しい水門が整備されたため、現在は使われていない。しかし、神野新田の記念碑の隣に、わずかながらその姿を留めていた。樋管は御影石を積んだトンネル状で、目地は 「服部長七の人造石工法」 が使われている。トンネル部はコンクリートにより充填されていた。

牟呂用水マップ

矢勝川の彼岸花

 愛知県の半田市と阿久比町の境に矢勝川という小さな川が流れている。この川の堤防には約200万本のヒガンバナが植えられていて、毎年9月下旬 (秋のお彼岸ごろ)、堤防を真っ赤に染めるほどに花を咲かせる。これは20年ほど前から半田の人たちが植え育て、年々増やしていったものである。中心になって活動しているのは 「矢勝川の環境を守る会」 の方々で、川の清掃にも取組んでいる。

矢勝川1

 ヒガンバナは、種で繁殖するのではなく球根で増えていく。9月中旬になると突然地中から芽が出てきて、1週間ほどで真っ赤な花をつけるのでビックリする。花が終わると濃い緑色の葉が繁り、冬の間に栄養を球根に蓄え、春になると地上部は枯れてしまうのである。球根にはリコリンという毒が含まれているが、飢饉の時には、水さらしにより毒を消して救荒食物にしたという。
 この半田市岩滑 (やなべ) 地区は、新美南吉の童話 「ごんぎつね」 の舞台であり、近くにその記念館がある。今年は、南吉の生誕100年目に当たり、各種の記念事業が開催されている。

矢勝川マップ
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ