FC2ブログ

Entries

JR最古の跨線橋(半田駅)

 JR武豊線は、愛知県で初めて敷設された官営鉄道である。明治19年に武豊~熱田間が営業を開始した。もともとは、東海道線整備工事の資材を、武豊港から名古屋まで運搬する目的をもっていた。3年後に東京~神戸間が開通し、その支線となった大府~武豊間は 「武豊線」 と呼ばれるようになったのである。
 半田は知多半島の主要都市であり、開通と同時に駅ができた。跨線橋が完成したのは明治43年のこと、単線の線路を跨いで反対側のホームへ渡ることが出来るようになった。現在では、「JR最古の跨線橋」 と位置づけられている。因みに、駅舎そのものが一番古いのは隣の亀崎駅である。(このブログ平成25年4月9日参照)

半田駅マップ

 橋を支える鉄柱は円柱になっていて、階段へのゲートは大理石風の白いエンタシスである。渡り廊下の屋根は鉄製トラス、リベット打ち構造である。腰壁は木製板張りで、ペンキ塗が施されている。煉瓦造りの 「油倉庫」 も含めて全体に古色蒼然としていて、「明治」 を感じる雰囲気である。
 駅の外にSLの機関車が保存展示されている。これは昭和45年まで武豊線を走っていた 「C11265」 蒸気機関車である。私は中学二年生まで亀崎に住んでいて、家のすぐ前を走る汽車を見ながら育った。煙を吐いて走る蒸気機関車から、煙の出ないディーゼルカーに切り替わった時には衝撃を受けたことを記憶している。現在は電化されている。

半田駅G


季節通信8百合

東京駅

 道路の起点は日本橋であるが、鉄道の起点は東京駅である。東海道本線・同新幹線、東北本線・同新幹線の始発駅になっている。また、乗換えをせずに全国32の都道府県と直結し、1日の発着数が3000回という巨大なハブ・ステーションである。そのためのプラットホームが、JR線だけで14面28線もあるという。
 東海道線の新橋・神戸間が全線開通したのは、明治22年 (1889) のことである。ちょうどその頃、私鉄の日本鉄道が上野・青森間の東北本線を建設していた。そこで、新橋と上野を高架鉄道で結ぶ事業が計画され、その途中の中央停車場として 「東京駅」 が建設されたのである。完成は大正3年 (1914) 12月であった。

東京駅E

 駅の正面玄関 (丸の内側) は皇居の正面に当たり、国家の象徴的な事業と位置づけられた。設計は、当時もっとも力量のある建築家・辰野金吾と葛西萬司に委ねられた。白い御影石で縁取りされた赤レンガ造りの3階建て、長さ330m面積約9500㎡である。
 昭和20年 (1945 )5月の東京大空襲の際に焼夷弾が直撃し、大火災となって鉄骨造りの屋根は焼け落ちてしまった。昭和22年に修復した建物は、2階建てでドーム屋根でなく、八角形の木造屋根であった。平成になって、創建当時の形態に復元しようとの都民の思いが募り、平成19年から5年をかけて工事が行なわれ、平成24年10月1日に完成を見ることができた。この費用約500億円は、低層であるために余剰となった上空の容積率、いわゆる 「空中権」 を周辺の高層ビルに移転することにより捻出できたという。

東京駅F

明知鉄道と極楽駅

 明知鉄道は、中央線と分岐して恵那から明智までの約25kmをつなぐローカル線である。もともとは、改正鉄道敷設法により静岡県掛川から愛知県武節を経て岐阜県大井 (恵那) まで結ぶ計画であった。昭和8年 (1933)、その部分として明智までが開業したものである。
 昭和43年に、国鉄再生のため赤字83線が廃止の提言を受けたが、その中の一つに加えられた。しかし、地元の人々の強い願いを受け、岐阜県や恵那市、中津川市、地元銀行などが中心となって出資し、第三セクターとして存続することとなった。開業は昭和60年 (1985) のことである。

明知鉄道マップ

 経営を助けるための様々な工夫が施されている。「寒天列車」 や 「きのこ列車」 といったイベントを開催したり、地元企業の協力を得てラッピング列車を走らせるなどである。左の写真は、様々な色や模様で飾られたラッピング列車がすれちがうところである。
 駅の名前も、地元の関心を高めるため一般募集を行なっている。「極楽駅」 は、平安末期から室町時代に建てられていた「極楽寺」に因んだネーミングである。かつて大いに繁栄した民衆寺で、地域に慣れ親しまれて字名として残っている。跡地には夥しい出土品が発掘されているという。駅名表示板の横に、「幸せ地蔵」 と呼ぶ可愛らしい石像が立っていて、台座には“あしたもいい日になりますように” と刻まれていた。

明知鉄道A

名松線(全線復旧)

 今日 (平成28年3月26日)、三重県の名松線が全線復旧した。平成21年10月8日の台風18号により大被害を受けて以来、家城駅から伊勢奥津駅までの6区間がストップし、バスによる代行運転が行なわれていたのである。過去に何度も廃線の危機があったが、その都度、苦難を乗り越えて存続を続けてきた。地元では、「名松線を元気にする会」 を組織して、再び廃線論が起きないように、来訪者増を図るなどの地域活性化運動を展開している。
 名松線は昭和4年 (1929) 年に開通した、雲出川の渓流沿に走るローカル線である。当初は名張から松阪までを結ぶ予定だったので、両方の頭文字をとって 「名松線」 と名付けられた。全線で約45km、起終点を含めて15の駅がある。

名松線マップ

 私の出身校・三重大学は、興津のさらに奥にある美杉の山に、林業実習用の演習林を持っている。昨年の夏、懐かしい演習林を数十年ぶりに訪れるクラス会が開催された。その途中で、開通の日を迎えるために改築された、新しい駅舎を見ることができた。
 線路の終点近くに、朽ち果てた (失礼!) 構造物を見つけた。これは、昭和40年に気動車化される以前、蒸気機関車が走っていた時代の遺物で、機関車に水を供給するための水槽である。右の写真で、煙に半分隠れているが、この水槽らしいものが写っている。

名松線B

ブダペストの市電とトロリーバス

 番外編:この7月に旅行したハンガリーの話題を少々・・・

 ブダペストはハンガリーの首都。人口約200万人は、名古屋とほぼ同じである。ドナウ川を挟んで、西側のブダと東側のペストが一緒になってブタペストとなった。とても魅力的な街で 「ドナウの真珠」 と賞されている。
 この街の主要な交通手段に市電がある。カラフルな車両が、5~6両編成で走る姿も美しいが、架線を支える電柱のデザインも素晴らしい。下の写真は、ドナウ川の真中に横たわるマルギット島への橋を渡っているところであるが、橋の親柱や街路灯・信号機も含めて調和のある景観である。

ブダペストの交通1

 もうひとつ、トロリーバスも走っている。レールのない電車とも言えるし、電気で走るバスとも言うことができる。ちょっと古めかしい姿が、伝統的な建物を大切にする街並みに似合っている。  
 このトロリーバスが、名古屋にも走っていたことを知る人はかなり少ないのではないか? 昭和18年~26年の9年間、東大曽根から桜山までの一路線だけに導入されていたのである。 

ブダペストの交通マップ

養老鉄道養老線

 養老といえば養老の滝。滝の水がお酒になったという孝子物語で有名である。古くから広く知られていて、続日本紀にも、元正天皇が噂を聞いて行幸されたとの記事がある。また、江戸時代には、葛飾北斎が浮世絵として書き残してもいる。高さ約30m、幅約4mの滝が巨岩・老樹の中を流れ落ちる。尋ねたのは11月末、ちょうど紅葉の真っ盛りであった。

養老マップ

 養老鉄道は、岐阜県・揖斐駅を発し、途中大垣駅で東海道本線と交差した後、三重県・桑名駅へと進む約58kmの地方鉄道である。養老山脈と揖斐川に挟まれた細長い平野の真ん中を通っている。ところが中ごろの鳥江駅を過ぎると急に直角に曲がって山へと向かって行く。たぶん、養老の滝への観光客を、滝の近くまで運ぶ役割をもっているのだろう。養老駅のホームには、孝行息子がお酒を酌んだという瓢箪がたくさん吊り下げられていた。

養老E

四日市「近鉄・内部線」

 内部と書いて 「うつべ」 と読む。近鉄四日市駅と内部駅5.7kmの間を結ぶ、単線のローカル線である。三岐鉄道・北勢線 (平成25年4月30日のブログ参照) と同じ762mmのナローゲージ、貴重な存在といえる。明治44年に 「三重軌道」 が設立された後、順次延伸が行われ、内部駅までつながったのは大正11年のことである。

内部線C-2
         ≪紫・ピンク・緑・黄緑・空色 カラフルな車両が楽しい≫

 幾多の変遷の後、昭和40年に近鉄の経営となったが、平成24年には鉄道の廃止とバス路線への転換の方針が打ち出された。しかし、地元民の熱意を受け、近鉄と四日市市の合意により 「公有民営方式」 での存続が決められた。今年3月に 「四日市あすなろう鉄道」 が設立され、来年から運営を開始する予定になっている。駅舎などには 「みんなで乗って内部線を守ろう!!」 といった標語が掲げられている。                                 

内部線マップ
    ≪膝がくっつきそうな座席≫

明知鉄道明知線

 岐阜県恵那駅から明知駅までを走るローカル線である。大井 (今は恵那) から阿木までの10kmが開通したのは昭和8年、延長して岩村、明知まで15kmを伸ばしたのは昭和9年のことである。 
 もともとこの路線は、明治25年 (1892) に改正された鉄道敷設法により計画された。静岡県掛川から愛知県の大野を経て岐阜県大井に至る地方鉄道であった。しかし、1980年に成立した国鉄再建法により廃止路線となり、1985年に第三セクターの明知鉄道に転換された。

明知鉄道A

 木曽川流域の平野部を過ぎて山間部へ入ると、急勾配と急曲線が連続する。途中の飯沼駅と野志駅は、日本で第1位と第2位の急勾配駅として知られている。下の写真は、旧中山道と交差するガードである。道幅も狭いが高さも低く、車高1.6mの車しか通ることができない。しかし、通勤・通学など地域にとっては大切な足であるとともに、各種のイベント企画が行われるなど観光資源としても重要な鉄道である。

明知鉄道マップ

樽見鉄道・樽見線

 岐阜県大垣市から根尾川に沿って北上する鉄道がある。樽見鉄道・樽見線という。昭和31年 (1956) に谷汲口まで、昭和33年には神海まで開通。当初は石川県金沢までつなぐ予定であったが、昭和55年の国鉄再建法では、廃止対象路線になってしまった。
 しかし、地元の努力により第3セクター 「樽見鉄道」 が設立され、現在も運行を続けている。その後、平成元年に旧鉄建公団の建設線として樽見まで延伸したが、平成18年には住友セメントの貨物輸送が打ち切りになってしまい、厳しい経営が続いている。

樽見鉄道1

 沿線住民の通勤・通学や買物のほか、淡墨桜・根尾谷断層・谷汲山華厳寺・織部の里などへの観光客の乗車に支えられている。歴史探訪・花めぐり・自然体験といった行楽ガイドに力を入れるとともに、駅員や運転士のサービス精神も旺盛で、乗客増加に努めている。
 大垣駅を出発してしばらくは田園風景が続くが、本巣を過ぎたころから根尾川が近づいてきて、次第に山間 (やまあい) の風景へと変わっていく。いくつかのトンネルをくぐったり、鉄橋を渡りながら、自然の景色が楽しめる約35kmのローカル線である。

樽見線マップ

ナローゲージ(三岐鉄道・北勢線)

 三岐鉄道・北勢線は三重県桑名市・西桑名駅から、いなべ市・阿下喜駅までの約20キロを結んでいる。この鉄道は線路幅が762ミリ(30インチ)という、日本では数少ない特殊狭軌の線路である。線路幅(ゲージ)の世界標準は1.435ミリ(56.5インチ)であるが、日本では旧国鉄が1,067ミリ(42インチ)を採用したので、それより狭いものをナローと呼んでいる。

北勢線C

 かつて日本の各地にナローゲージの簡便鉄道や森林鉄道などが運行されていたが、昭和40年代にそのほとんどが廃止された。現役で残っているのは黒部峡谷「トロッコ電車」と近鉄内部・八王子線およびこの北勢線の3路線だけである。その意味で、この路線は日本の鉄道史上貴重な存在であるといえよう。

北勢線D

 その歴史は大正3年(1914)に始まるが、戦時の統合や運営主体の変更を重ねた後、近畿日本鉄道(近鉄)の経営となった。しかし、営業成績を理由に廃線の危機に瀕したが、地元自治体の支援を受けて、平成15年(2003)からは三岐鉄道が運営を継承している。今年は10周年を迎えて、各種の記念行事を開催している。

北勢線E

亀崎駅

亀崎駅C

 半田市亀崎にある武豊線「亀崎駅」は、日本で一番古い駅舎といわれている。明治19年(1886)の武豊線開通に合わせて、同年3月1日に開業した。明治28年に火災があったという記録があるが、開業当時の建物が今も残っているのであろう。
 亀崎駅は、大府駅と武豊駅を結ぶ武豊線(19.3km)のちょうど中間地点にある。武豊線は単線であり、亀崎駅は列車のすれ違いのできる駅である。ホームは両側に線路が接する島式である。そのホームへ渡るための跨線橋も日本最古という。

亀崎駅A

 この路線は非電化であり、昭和33年までは蒸気機関車が、現在はディーゼルカーが客車を牽引している。貨物輸送も含めて、蒸気機関車は昭和45年6月30日をもって廃止となった。最後に走った機関車C11-265は、現在、半田市鉄道資料館に保存されている。

亀崎マップ

武豊停車場と転車台

 武豊線終点の武豊駅からさらに1kmほど南へ行くと「武豊停車場の跡地」がある。ここには、車両の方向を変えるための「転車台」が残されている。
 明治5年(1872)、新橋―横浜間に我が国初の鉄道が敷かれる。その後、東京―大阪間の鉄道が計画されたため、武豊は鉄道建設資材の輸入基地となったのである。武豊線は武豊港に陸揚げされた資材を熱田駅まで運ぶ目的で明治19年(1886)3月に開通した。
 大阪までの路線は、当初中仙道経由で計画されたが、同年7月に東海道経由に変更された。もしこの変更がなければ、名古屋の発展は大きく疎外されていたに違いない。

武豊A

 転車台は、当初は木製で蒸気機関車の向きを前後に変える方式であった。しかし、昭和2年に建造されたものは、切り離された貨車を別の線路へ転送するため、直角に方向転換できる「直角二線式」というたいへんに珍しい形式になっている。昭和40年に廃止となったが、平成11年に、小学生の歴史探訪で発見され、修復保存されることとなった。

武豊B

 直交する線路の下には円形のレールがあり、小さな車輪がついている。車両は人の手で押して回転させるのである。サンフランシスコには有名なケーブルカーが走っているが、その終点には転車台があり、運転手と車掌が前後を手で押して回転している。

武豊マップ



▲ページトップ

Appendix

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ