FC2ブログ

Entries

祐福寺の勅使門

 名古屋から岡崎に到る 「岡崎街道」 の中間地点に、祐福寺という古いお寺がある。開創は後鳥羽天皇の御世、建久2年 (1191) のこと。源頼朝の家臣が草庵を結んで道場としたのが始まりという。後醍醐天皇の嘉暦3年 (1328) には、当地・傍示本城主の帰依を受け、大伽藍が建てられた。最盛期には25か寺を有する大道場であった。

1祐福寺

 現在も阿弥陀堂 (講堂)、勅使門、毘沙門堂、開山堂、鐘楼 (山門)、方丈、庫裏、宝蔵や4院の塔頭が残っている。勅使門は、後奈良天皇 (在位1526~1557) の御願満足のために官寺となり、勅使を遣わされた時に造営されたものである。柿葺一間一戸の中門で、朱塗りの扉には、十六菊花の御紋が金色に輝いている。 

2祐福寺

 境内には、四方八方に長い枝を広げた見事な松の木があった。このお寺の号「玉松山」の由来であるが、残念なことに松くい虫のために枯れてしまった。現在見る松は、その後継樹である。

祐福寺マップ



定光寺「源敬公(徳川義直)廟」

 尾張初代藩主 「徳川義直」 は家康の9男として、関が原の戦いの年 (1600) に生まれた。義直は大御所・家康のお膝元駿府城で、武芸・学問を嗜む聡明な子供に育ったという。1607年に尾張国清洲藩主となり、1616年には新築 (1610年清洲越し) された名古屋城に入った。
 1650年に没した義直の墓地は、定光寺東北の山上に造営された。1651年に円形の墳墓と石標が完成する。廟域の周囲には瓦葺の土塀を巡らせ、正門中央に 「竜の門」 がある。石敷の参道を進むと焼香殿があり、その後の階段を上がったところに石柵と唐門 (写真) がある。その奥が墳墓になっている。

7定光寺

 この廟は、明人の陳元贇 (ちんげんぴん) が設計したと伝えられており、建物の構成は、儒教に基づく祠堂に倣っている。ここにも、中国や朝鮮の書物に親しみ儒教を尊んだ、義直の教養を見ることができる。江戸時代における中国建築として貴重な存在で、昭和12年に国の重要文化財として指定されている。
 定光寺の山は、ホオノキなどの落葉樹も交ざるが、主としてシイやカシなど照葉樹の森である。しかし、参道や社殿の周辺には、モミジの仲間がたくさん植えられていて、見事な紅葉を見せてくれていた。

定光寺マップ

定光寺 城嶺橋

 今年の紅葉は、夏に晴天が続いたことと11月になって急激に冷え込んだこととが影響して、例年よりも美しいという。近いところでと考えた結果、定光寺を紅葉狩りの地に選んだ。鶴舞駅から中央線に乗って約30分、「定光寺駅」 で下車する。定光寺駅は、玉野川渓谷沿いの崖に貼りついたような奇妙な駅である。
 「玉野川渓谷」 とは、庄内川の上流、山間部に入ってからの呼び名である。白い岩肌、深い緑、清らかな水、まさに山紫水明の景勝地である。定光寺へは支流の定光寺川に沿って、約1kmの山道である。まず、玉野川を渡る橋が 「城嶺橋」。三径間のコンクリート製アーチ橋、幅員4.5m、長さは72mである。

定光寺 城嶺橋2

 「城嶺橋」 は、名古屋のお城が見えるところから命名されたという。現在は3代目、最初は明治43年に架けられた木橋であったが、翌年に洪水のため流されてしまった。2代目は吊り橋で大正元年に架けられた。現在の橋は昭和12年に名古屋開府330年の記念として架けられたものである。
 石造りの親柱に橋名が彫り込まれている。その頭には緑青色の照明具が載っている。径間ごとの柱の上にも緑青色の照明があり、赤い欄干の手すりとともに洒落たデザインになっている。かつては観光客も大勢で、駅周辺には料理旅館やお土産屋さんが軒を連ねていたという。現在は、新緑や紅葉を楽しむ山歩きの人たちで賑わっている。東海自然歩道 「春日井コース」 の起点でもある。

定光寺マップの1

樽見鉄道・樽見線

 岐阜県大垣市から根尾川に沿って北上する鉄道がある。樽見鉄道・樽見線という。昭和31年 (1956) に谷汲口まで、昭和33年には神海まで開通。当初は石川県金沢までつなぐ予定であったが、昭和55年の国鉄再建法では、廃止対象路線になってしまった。
 しかし、地元の努力により第3セクター 「樽見鉄道」 が設立され、現在も運行を続けている。その後、平成元年に旧鉄建公団の建設線として樽見まで延伸したが、平成18年には住友セメントの貨物輸送が打ち切りになってしまい、厳しい経営が続いている。

樽見鉄道1

 沿線住民の通勤・通学や買物のほか、淡墨桜・根尾谷断層・谷汲山華厳寺・織部の里などへの観光客の乗車に支えられている。歴史探訪・花めぐり・自然体験といった行楽ガイドに力を入れるとともに、駅員や運転士のサービス精神も旺盛で、乗客増加に努めている。
 大垣駅を出発してしばらくは田園風景が続くが、本巣を過ぎたころから根尾川が近づいてきて、次第に山間 (やまあい) の風景へと変わっていく。いくつかのトンネルをくぐったり、鉄橋を渡りながら、自然の景色が楽しめる約35kmのローカル線である。

樽見線マップ

文化のみち 旧高等裁判所

 名古屋市役所本庁舎を東へ5分ほど進み、外堀に架かる橋を渡ったところにネオ・バロック様式の堂々たる建築がある。この建物は 「名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎」 として、大正11年 (1922) に建設されたものである。昭和22年からは法制度の改訂により 「名古屋高等・地方裁判所」 となったが、昭和54年に新庁舎へ移転したため空き家となった。
 当初は現地での建て替えが計画されたため、取り壊す予定であった。しかし、市民や識者に保存の声が強く、官庁街の小公園との敷地交換が成立して保存できることとなった。昭和59年には国の重要文化財に指定、平成元年に改修工事が完了し、現在は 「名古屋市市政資料館」 として市民に親しまれている。

旧高等裁判所3

 煉瓦造り3階建の洋風建築で、外壁は赤い煉瓦と白い花崗岩である。屋根は天然スレート葺き、中央のドームは銅版葺きで、現在は美しく緑青 (ろくしょう) 色になっている。
 正面の車廻しの柱は、2本は丸いエンタシス、2本は角柱であるが中央が膨らんでいて印象的である。中央の大理石階段を登りきったところに、美しいステンドグラスがはめ込まれている。控訴院は全国に8か所建設されたが、現存するのは札幌とこの名古屋だけ、貴重な存在である。

旧高等裁判所5

旧高等裁判所
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ