Entries

大井川橋梁

 県道381号に架かる大井川橋の少し下流に、2本の鉄橋が並んでいる。「大井川橋梁」 と呼ぶJR東海道本線の橋である。金谷から島田へ向かう上り線は、昭和34年 (1959) に完成した。橋長1062mの曲弦トラスで橋脚は鉄筋コンクリートづくりである。真正面に富士山を見ることができる。
 下り線は、ずっと古く大正4年 (1915) に完成している。橋脚は煉瓦づくりで、明治21年 (1888) に造られたものを鋼板で補強して再利用している。両橋は、見た目にはほとんど同じであることから、昭和の工事では従前のものに合わせたのであろう。

大井川橋梁マップ

 明治の始めごろの東西を結ぶ鉄道は、明治5年の新橋・横浜間を走る我が国最初の鉄道と、明治10年の京都・神戸間ができたが、その間のルートは中山道案と東海道案の2つがあった。明治16年には中山道案に決定し、同19年に武豊と木曽川駅を結ぶ資材輸送用の鉄道ができた。
 しかし、中山道のルートは工事の難航が予測され、工期も大幅に遅れることから、この年に東海道ルートに変更された。国鉄東海道線の全線が開通したのは明治22年 (1889) のことである。この経緯からみると、大井川橋梁下り線の橋脚は、このときにできたものであろう。
  (写真左の上り線は昭和34年のRC製 右の下り線は明治21年の煉瓦づくりの橋脚である)

大井川橋梁E


名松線(全線復旧)

 今日 (平成28年3月26日)、三重県の名松線が全線復旧した。平成21年10月8日の台風18号により大被害を受けて以来、家城駅から伊勢奥津駅までの6区間がストップし、バスによる代行運転が行なわれていたのである。過去に何度も廃線の危機があったが、その都度、苦難を乗り越えて存続を続けてきた。地元では、「名松線を元気にする会」 を組織して、再び廃線論が起きないように、来訪者増を図るなどの地域活性化運動を展開している。
 名松線は昭和4年 (1929) 年に開通した、雲出川の渓流沿に走るローカル線である。当初は名張から松阪までを結ぶ予定だったので、両方の頭文字をとって 「名松線」 と名付けられた。全線で約45km、起終点を含めて15の駅がある。

名松線マップ

 私の出身校・三重大学は、興津のさらに奥にある美杉の山に、林業実習用の演習林を持っている。昨年の夏、懐かしい演習林を数十年ぶりに訪れるクラス会が開催された。その途中で、開通の日を迎えるために改築された、新しい駅舎を見ることができた。
 線路の終点近くに、朽ち果てた (失礼!) 構造物を見つけた。これは、昭和40年に気動車化される以前、蒸気機関車が走っていた時代の遺物で、機関車に水を供給するための水槽である。右の写真で、煙に半分隠れているが、この水槽らしいものが写っている。

名松線B

大井川橋

 県道381号島田岡部線 (旧国道1号) に架かる橋である。橋長1026m、幅員8.3m、17連のトラス橋で、完成したのは昭和3年 (1928) のことである。トロッコでコンクリートなどの資材を運搬する時代であり、橋脚を建設するのは大変に難工事であったという。
 江戸時代において大井川に橋が架かっていなかったのは、江戸防衛のためでもあったが、この川の自然条件が悪いことも理由であった。すなわち、洪水時の水流が速く、川底に砂礫が多いので、橋脚や橋本体が壊されてしまうのである。実際、明治9年(1875)に建設された木造の仮設橋や明治16年建設の本橋も流失の憂き目に遭っている。

大井川橋マップ

 下の写真左は「大井川橋」、右は「天竜川橋」(本ブログ2015・11・28掲載)である。いずれも、走る車の中から撮影した。同じような青色のペンキで塗装されているので、前にも渡ったのではないかと錯覚してしまうが、よく見ると橋桁の構造が異なっていることが分かる。大井川はトラス (三角構造)、天竜川の方は、桁の傾斜が交互になっているワーレントラスという型式である。
 大井川橋は平成15年に、土木学会選奨の土木遺産に指定されている。

大井川橋A


富士山静岡空港

 島田市と牧之原市に跨る広大な台地に新しくできた、地方管理の空港である。正式名称は静岡空港であるが、愛称の富士山静岡空港と呼ばれることが多い。静岡県民の望み叶って開港したのは、平成21年のことである。1900億円の巨費が投じられ、2500mの滑走路とガラス張りのターミナルビルをもつ空港である。
 現在は13路線、週47便の発着がある。計画では国内便を多く見込んでいたが、関東・関西のちょうど真中に位置することもあって、中国などからの国際便の方が多くの人を運んでいる。昨年は約70万人の旅行客が利用した。

静岡空港マップ

 空港の真下を東海道新幹線が走っている。地元の願いは、空港近くに新幹線の駅をつくることだという。訪れた日は天気がよく、真っ青な空の下にターミナルビルと管制塔が銀色に輝いていた。ちょうど中国東方航空の旅客機が飛び立つところを見た。一瞬のチャンスを逃さぬカメラワークで、富士山と飛行機を同一画面に捉えることができた。

静岡空港D

諏訪原城跡

 天正元年 (1573)、武田勝頼は遠州攻略の拠点とするために、牧ノ原台地に城を築いた。城内に諏訪大明神を祀ったことから 「諏訪原城」 の名がついたといわれている。この城は、駿河から遠江に向う要衝の地にあり、掛川の高天神城攻略のための役割を担っていた。
 天正3年に武田軍が長篠の戦いで敗れると、諏訪原城は徳川家康によって攻め落とされ、牧野城と改名されてしまう。天正9年に、家康は武田に奪われていた高天神城を奪回する。翌年、勝頼は甲府にて自害し、武田家は滅亡することとなる。

諏訪原城マップ

 諏訪原城は、武田流の築城術を駆使した壮大な山城である。武田流の築城方法などが記された 「甲陽軍鑑」 にもこの城のことが記されている。大きな特徴に 「丸馬出」 がある。これは、城の出入り口 「虎口」 の前に設けられた三日月型の堀のことで、防御にも出撃にも使われる拠点のことである。
 今、NHKの大河ドラマで 「真田丸」 が人気を集めているが、真田幸村が大阪城の出城として構築し、徳川軍を大苦戦させた真田丸もこの形式だったと考えられている。
 諏訪原城跡は、現在、国の史跡に指定されている。

諏訪原城C

菊川坂の石畳

 日坂の急な上り坂を息せき切って登ると、しばらくは平らな台地 「小夜の中山峠」 である。東海道では、箱根峠、鈴鹿峠と並ぶ三大難所に数えられていた。峠付近には真言宗の久延寺があり、悲しい物語をもつ 「夜泣石」 が祀ってある。
 峠を過ぎると、今度は急な下り坂になる。菊川へ向かっての細道は、歩きやすいように玉石の石畳になっている。これは江戸時代後期につくられたもので、長さは380間 (約700m) もあったという。当時は 「助郷」 という制度があって、様々な仕事が地元に命ぜられていた。この石畳は、近隣12か村の農民に割り当てられたものである。

石畳B

 以前、熊野古道 (2013・8・5) の石畳を歩いたことがあるが、そこは1㎡はあろうかと思われる大きな岩を並べたものであった。ここ菊川は、ひとりで持ち上げられるほどの玉石である。道幅は2間 (3.6m) ほどであるが、大量の石を運び上げて敷設するには、大変な困難があったであろう。
 眼下に菊川宿の集落を見るこの石畳は、昭和30~40年代の工事により、多くが破損してしまった。現在は約160mが残るのみである。平成12年に発掘調査が行なわれ、翌年、県の文化財に指定された。

石畳マップ



牧之原の茶畑

 牧之原から島田、菊川一帯には、見事な茶畑が広がっている。遠く富士山を望み、大井川を見下ろす標高40mから200mの台地は、古くは大井川の扇状地であったと考えられている。水はけの良い赤土で弱酸性のこの土地は、水利もないため水田には不向きで、入会地としての草刈場であった。
 この地を開発したのは、明治になってからの徳川家家臣たちである。慶応3年 (1867) に大政奉還した最後の将軍慶喜は、江戸を離れて駿府に隠居することとなった。ともに移住した家臣たちは、明治2年の版籍奉還により職を失い武士を捨てることになる。彼らは一大決心をしてこの荒地を開墾し、幾多の艱難を乗り越えて茶畑をつくったのである。

茶畑B

 年中暖かく、日照時間の長い静岡はチャの生育に適しており、ミカンとともに一大生産地となっている。また、適度な勾配の斜面に、コンターラインを描くよう綺麗に刈り込まれた茶畑は、景観としても美しく 「人と自然が織りなす日本の風景百選」 にも選ばれている。
 茶畑に等間隔で設置された送風機は防霜ファンといい、遅霜による新芽の被害を防ぐため空気を撹拌する装置である。

茶畑マップ

▲ページトップ

Appendix

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ