FC2ブログ

Entries

鹿乗橋

 春日井市と瀬戸市の間、庄内川にかかる古い橋がある。「鹿乗橋(かのりばし)」という。完成は明治43年(1910)、全長73m、幅員が4.5mと狭いので現在は春日井から瀬戸への一方通行となっている。
 解説書などによると、“明治時代に造られた11のスチールアーチ橋のうち、現存するひとつとして貴重な存在”とある。木が茂っていて橋の下部は見づらいが、隙間から眺めてみると鉄ではなく、骨太のコンクリート製のアーチが見える。

鹿乗橋マップ

 この橋は、「メラン工法」という工法で建設されたものである。この工法は、「メラン材」と呼ばれる鋼製アーチをあらかじめ架設しておき、これをコンクリートで巻き上げていくのだという。40年ほど過ぎた昭和26年(1951)に、老朽化してきたアーチ部分をコンクリートで補強もしている。そのためか、全体がコンクリート橋に見える。
 多治見から岡崎の間は、現在は愛知環状鉄道により結ばれているが、かつてはバス路線が走っていた。昭和5年(1930)に、全国初となる省営(鉄道省経営)によるバスが営業を開始したのである。岡崎~多治見間、瀬戸記念橋~高蔵寺間の路線バスが、この鹿乗橋の上を走っていた。

鹿乗橋G

▲ページトップ

Appendix

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ