FC2ブログ

Entries

神宮東公園の噴水と彫刻

 熱田は古くから、東海道の「宮宿」として、また、熱田神宮の門前町として栄えてきた。明治になって後、南北を走る東海道に沿って、国鉄(現JR)東海道線や名鉄本線が敷設された。神宮東地区は、この幹線路を挟んで、熱田神宮の反対側にある。
 神宮東公園は、都市整備公団の賃貸住宅と一体的に整備された地区公園である。面積約10ha,昭和60年(1985)の完成後35年を経て、緑豊な公園に成長している。この公園には、体育館のような取り立てて大きな施設はないが、池や芝生、噴水や彫刻などが整備されていて、住民たちが落ち着いて利用している状況を見ることができる。

神宮東G

 公園は、道路を挟んで南北に分断されているが、歩道デッキにより信号なしで行き来できる。南にはステージや観客スタンドをもつ舗装広場があり、その中心に噴水が設置されている。ケヤキなどの樹林の頭越しに、集合住宅などの高いビルが見える。
 北側には大理石造りの壁泉があり、その池の畔に一体の彫刻が佇んでいる。銘は「待つ日」、二科展評議員も務める津田裕子氏の作である。隣に立つ公園灯も傍らの金属製ベンチも一体的な作品のように思われる。質の良い添景物は、公園の景観や価値を高めてくれると考える。

神宮東マップ


季節通信45花菖蒲


▲ページトップ

Appendix

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ