FC2ブログ

Entries

根尾谷断層

 明治24年(1891)10月28日午前6時37分、天地をひっくり返すような激震が起きた。根尾谷を震源とする「濃尾地震」である。推定マグニチュード8.0、震度7は、日本の内陸部で起きた最大級の直下型地震である。14万戸の家屋が倒壊し、7000人以上の人が亡くなった。
 地震を引き起こした「根尾谷断層系」は、延長約80kmという長い断層である。このうち根尾水島地区では上下に6m、長さが1000mにも及ぶ「断層崖」が出現した。このような大規模な断層崖は世界的にも珍しく、地震研究のきっかけにもなり、国の特別天然記念物にもなっている。

根尾谷断層マップ

 樽見鉄道の水島駅と高尾駅の間の車窓から、「地震断層観察館」の建物が見える。正方形で三角の屋根と、円筒形の2棟を組み合わせた瀟洒な建物である。円形の建物には、地震資料館と地震体験館があり、三角屋根の下には、実際の断層面を保存展示する地下観察館がある。
 地下観察館では深さが10m近い方形の穴が掘られていて、6mもの地層のずれを目の当たりに見ることができる。土の色の違いや礫の大小により、右と左の地層の違いがはっきりと確認できる。今、南海トラフの巨大地震や内陸の直下型地震がいつ発生しても不思議でないという。6mもの亀裂ができるような地震が起これば、その被害は測り知れないものとなるであろう。

根尾谷断層H
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ