FC2ブログ

Entries

閑話「古墳」その3

 4世紀から6世紀のわずか300年ほどの間に、16万基もの古墳が生まれるのである。ヤマト朝廷に係るものが900基、残りは各地に割拠した豪族(農民でなく武人であろう)の墓である。これをどう考えたらいいのだろうか?弥生の民の次に渡って来たのはどんな人たちだったのか?
 日本の一部の人たち(または多くの人たち)は、“日本列島の原住民が大陸から伝わった文化を取り入れて、土器も変えたし食料もお米に変えた”という考え方をもっている。確かに縄文時代人が弥生人と交流する中で、新しい生活様式を取り入れたりしたことはあったであろう。混血もしたと思う。

古墳L

 しかし、生活を根底から変えるような文化の進歩は、人の移動なしにはあり得ないのである。例えば、それまで「甕棺」を使用していた死者を葬る方法に、突然「前方後円墳」などの古墳方式を取り入れるだろうか。文化だけの伝搬ではなく、そういう文化をもつ人々が渡来したと考えた方が理に叶っている。
 ここからは私の勝手な古代史観・・・古墳時代は、大陸を追われた部族が次から次へと日本に渡って来た時代である。大きな集団も小さな集団もあったことだろう。各地に分かれて、先住の弥生の民(稲作農民)を支配して、その地の豪族となった。山住みの縄文人・平野の弥生人・支配階級の武人、3層構造が「古墳時代」だと思う。古墳をつくったのは支配階級の人たちである。

古墳K

 そこへ、かぶさるように大物の部族がやってきた。「天孫族」である。この集団は大陸でも有力な「国」で、魏・呉・蜀に匹敵するような大国(例えば「越」とか「楚」クラス)だったと思う。やはり九州(高千穂)に降臨し、勢力を蓄えたあと東へ侵攻する(神武天皇の東征)。出雲から「国譲り」を受け、畿内の豪族と戦って勝利する。
 ヤマト朝廷の成立である。その後は、古事記に登場する「天照大神」「須佐之男命」「倭建命」の挿話のような経過を経て、日本全土を統治するようになったのである。16万基もの古墳があることを知り、その理由を考えるうちに妄想のような話になりました。「古代史ロマン」と考えてお許しください。
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ