FC2ブログ

Entries

法隆寺西院伽藍

 蘇我馬子の飛鳥・法興寺をご紹介(2021・7・26「甘樫の丘」参照)したからには、聖徳太子の斑鳩(いかるが)・法隆寺を掲載しなければならない(両方で仏法の興隆になる)。斑鳩は、奈良盆地を流れる幾筋かの川を集めて難波の方へ流す出口、矢田丘陵の南端にある。
 逆に、難波津に外敵が上陸したとすると、斑鳩を通って飛鳥へ向かうこととなる。法興寺が飛鳥の谷の防御とすれば、法隆寺は奈良盆地の入り口を守る地点と言える。聖徳太子は、蘇我馬子の姪と用明天皇の間に生まれた子であり、また、妃・刀自古郎女(とじこのいらつめ)は馬子の娘である。

法隆寺G

 法隆寺は、推古15年(607)に創建された。金堂や五重塔を中心とする西院伽藍(世界最古の木造建築)と夢殿を中心とする東院伽藍とに分けられる。長い松並木を歩き、南大門を過ぎて中門を入ると、西に五重塔が聳え、東に金堂がある。回廊の最北に大講堂、回廊の外に八角形の西円堂がある。
 金堂外陣の土壁に描かれていた12面の壁画は、昭和24年(1949)1月26日の不審火により焼失してしまった。事件は、日本の文化財保護の歴史における象徴として記憶され、文化財保護法制定のきっかけとなった。また、1月26日は文化財防火デーに定められている。

法隆寺H

季節通信127イバラ餅
◆この写真は私の狙い通りに撮影できた。葉・花・実もあり、蔓の様子も巻きひげも写っている。◆


飛鳥の古宮と大和盆地

 飛鳥の里を自転車で走り廻ったことがある。一番の目的は、「大化の改新」に関わる古跡を見ることであった。甘樫の丘に登り、飛鳥川沿いの集落や法興寺(今は飛鳥寺)などを見た。その中に、2つの古宮遺跡があった。「小墾田の宮」と「板葺の宮」である。
 「小墾田の宮」は、推古天皇(在位593~628)の宮殿があったと推定されている。田圃の中に説明看板と1本の松の木があった。遣隋使の派遣や隋使来訪時の歓待が行われたという。
 「板葺の宮」は、東西156m、南北197mの掘立柱列で囲われた区画があったという。区画の北側にあった高床式の大きな建物と大井戸が検出され、復元されていた。この宮殿が、「乙巳の変」(蘇我入鹿殺害)の舞台となったところである。

飛鳥古宮G

 大和盆地(奈良盆地)は、北に平城京(奈良:710~794)、南に飛鳥がある。東に石上神社から三輪山にかけての山々、西には矢田丘陵・生駒山地、葛城山系が連なっている。飛鳥川をはじめとする小河川が掌状に集って1つの流れになり、大坂湾へと流れていく。
 古代の大和王権にとっては、恰好の都だったのであろう。広大な水田からの恵みを背景とし、瀬戸内海からの交通の便もあり、山々に囲まれて外敵からの防御にも適している。いくつかの宮殿を転々としたが、平安京(京都:794)に遷都するまで、都であり続けた。

奈良盆地マップ
     ◆◆いろいろな資料をもとに作図したオリジナルです。苦心の作です。◆◆

奈良興福寺

 猿沢の池から眺める興福寺・五重の塔は観光ポスターや旅行雑誌でお馴染みである。興福寺から山続きに連なる東大寺や春日大社を含め、奈良観光のハイライトと言える。旅館の勧めでタクシーをチャーターし、ライトアップされたこの界隈を廻ったことがある。
 興福寺は、藤原氏の祖・鎌足と不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺として絶大な権力を誇った。奈良時代には四大寺、平安時代には南都七大寺に数えられていた。隣接する春日大社(藤原氏の氏神様)も含めて広大な面積を支配していた。

奈良興福寺G

 時代が下って明治初頭に出された神仏分離令により、興福寺は大打撃を被ってしまう。春日大社と一体になって(神仏習合)行われていた信仰が禁止され、廃仏希釈(仏像などを焼捨てる)が行われたのである。有名な「阿修羅像」(国宝)は何とか助かったが、もし失われていたと思うとゾッとする。
 南円堂も、猿沢の池から坂を登ったところに聳えている。本瓦葺、柱や梁が朱に塗られた八角円堂である。創建は弘仁4年(813)、度々の火災により消失と再建を繰り返した。現存のものは寛政元年(1789)に再建された4代目である。昭和61年に重要文化財に指定されている。

季節通信126チョウジタデ

もし富士山が噴火したら・・・

 以前、東京オリンピックの聖火台は「富士山噴火」をイメージしているのではと批判的に書いた。しかし、“これは国民に対する大災害の警告”であると前向きに解釈しよう。防災の日を契機に、富士山が噴火したらどうなるかを考えてみた。

富士山G

 まず、富士山の噴火の歴史を紐解いてみよう。富士山の構造と略年表は以下のとおりである。

富士G

 富士山火山防災対策協議会が、今年3月に「富士山ハザードマップ」を改訂して公表している。まず「火砕流」と「熔岩流」のマップを見てみよう。静岡県と山梨県の近隣市町には、大きな被害が予測される。下の絵は1万年前に噴火したときの想像図であり、写真はその時に流れた熔岩が今も三島市に残されている状況である。(2016・9・5「三島熔岩流」参照)

富士H

最後に「火山灰」の分布図を見てみよう。横浜・東京を越えて、千葉県まで降り注ぐ様子が描かれている。2センチの降灰というのは大変な量である。鹿児島では、桜島が時々噴火して灰を降らすが、数ミリの厚さでも大変なことになるという。降灰は、鉄道・水道・道路交通などに大変な損害を与える。東京都の面積2200平方キロに2センチを掛けると、4400万立法メートルとなる。これは、ダンプトラック1000万台分に相当する。

富士山J

≪防災の日≫東京都清澄庭園(2014年の再掲)

 三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎は、明治11年 (1878) に、荒廃していた大名屋敷など約3万坪を買い上げ、大規模な庭園づくりを始めた。庭園整備の事業は弟の2代目・弥之助が引き継ぎ、完成をみたのは、弥太郎の長男、3代目・久弥の時代、明治24年 (1891) のことである。
 大正12年 (1923) 9月1日の 「関東大震災」 の折、この 「清澄庭園」 に避難した多くの人々は生き延びることができた。それに比べて、墨田区の 「被服廠跡地」 (6.6ha) に逃げ込んだ約4万人の人々は、ほとんど焼け死んでしまった。その違いは、一方が樹林に囲まれ、池などがあるのに対し、もう一方は樹木もない更地であったからといわれている。近年の研究では 「火災旋風」 (炎の竜巻 )に襲われたのではないかとも考えられている。

清澄庭園A

 現在は、東京都の所有する都市公園になっており、震災被害の少なかった東半分は、当時のような 「清澄庭園」 (有料) に、被害の大きかった西半分は、芝生広場を中心とした 「清澄公園」 として開放されている。上の写真は庭園部分、下は公園部分である。
 ◆◆今日9月1日は「防災の日」、関東大震災から98年目 である◆◆

清澄庭園マップ

季節通信125クズ

▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ