fc2ブログ

Entries

②真弓橋

 道の駅「どんぐりの里いなぶ」は、ちょうど名古屋と飯田の中間地点にあるので利用者が多く、いつ行っても駐車場は満車である。駐車場の一部に、オートバイ専用部分が広くある。153号線は、バイクによるツーリングにも人気があるのであろう。自転車によるサイクリングもよく走っている。
 どんぐりの湯の少し手前に、旧道との別れ道がある。旧道を進むと稲武の市街地へ入っていく。今の道は、混雑を避けるために造られたバイパスである。旧道の脇に、さらに古くて細い道がある。この道がかつての「飯田街道」であり、そこに老朽化したアーチ橋「真弓橋」が架かっている。

真弓橋マップ

 ご紹介するこのシリーズは、全て「RC開腹アーチ橋」である。大正中期、同じ設計者によるものと思われる。真弓橋は大正8年の開通、橋長20m、幅員4mである。かつてはここを路線バスが走っていたという。現在は、最寄りの住民が手を加えて、人だけが通行可能になっている。
 川の下流から眺めると、“昔橋”の上に旧道の橋が見え(写真で車が走行)、さらに上流に現在の橋が見える。右上の写真は、江戸時代からの中馬街道である。この地点では4本の新旧道路を見ることができる。「道路」こそ、世帯交代しながらも人に使い続けられる「生活文化」だと感じた。

季節通信141稲刈り


▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ