FC2ブログ

Entries

東海道 関宿

 三重県亀山の近くに、東海道47番目の宿場町 「関宿」 がある。今から1300年以上も昔、壬申の乱 (672) の頃からの 「古代三関」 のひとつ 「伊勢鈴鹿関」 が置かれていた所である。三関とは美濃の 「不破の関」、越前の 「愛発関」(9世紀頃からは近江の逢坂関) のことで、都周辺の人の出入りを見張っていた。
 またここは、東海道の重要な結節点で、東の追分からは伊勢別街道が、西の追分では大和街道が分岐している。この間の約1.8kmが宿場町であるが、江戸後期から明治時代に建てられた町屋が今も200棟以上残っており、国の 「重要伝統的建造物保存地区」 に指定 (昭和59年) されている。また昭和61年には、「日本の道路100選」 にも選ばれている。

関宿B

 宿場の東のはずれ東追分に立派な鳥居が立っている。ここが伊勢神宮への分かれ道で、関西方面からの伊勢神宮参拝者が、これを目印にお伊勢さんへと曲がる角である。この鳥居も桑名と同じように、宇治橋の鳥居の再利用である。こちらは宇治橋の内側、内宮古殿の棟持柱だったヒノキ丸太が使われている。

関宿マップ2
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/103-75222f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ