FC2ブログ

Entries

関宿の「ぬりごめ」

 関宿は江戸時代からの宿場町であるが、現在立ち並ぶ建物の多くは江戸後期から明治にかけて建てられたものだという。街道沿いには、「平入り」 ( 下・左の写真 ) の町屋が連たんしている。木造の日本家屋は、一度火災が起こると次々に延焼して大火になりやすい。家々の密集する宿場町では、防火の工夫もいろいろと行われてきた。

関宿M

 屋根は、農家のような藁葺きや板葺きでなく、瓦が推奨された。火の粉による延焼を防ぐ効果がある。火事の炎は軒下を横に走り、隣家へ燃え広がっていく。2階の壁面は漆喰などで塗り込めて、木部を露出しないようにする。 「塗屋造り町屋」 とか「土蔵造り」 と呼ばれる工法である。「うだつ (卯建)」 は切妻屋根の隣家との間についた小さな防火壁( 下・左の写真) である。玄関先の犬走りに防火用の水槽が置かれた家があった。

関宿N
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/105-927aa4c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ