FC2ブログ

Entries

鶴舞公園の噴水塔

 名古屋市設置の第1号公園 「鶴舞(つるま)公園」 が誕生したのは、明治42年のことである。我が国では、明治6年に太政官布告により公園制度が設けられた。名古屋にもぜひ大公園をとの市民の願いがあったが、なかなか実現できなかった。折りしも、明治38年から精進川( 現新堀川) の改修工事が始まって土砂が余ることなり、また、明治43年に行われることとなった 「第10回関西府県連合共進会」 の会場が必要となったことから、田園地帯であったこの地を埋め立てて、大公園を造ることとなったのである。

鶴舞公園噴水塔B

 共進会会場の正面を飾った噴水塔は、その後の公園整備に当たっても、そのまま鶴舞公園のシンボルに位置づけられている。形式は、ローマ様式の大理石柱に岩組みという和洋折衷である。設計は名古屋工業大学の前身、名古屋高等工業学校の教授を務めた鈴木禎次工学士である。鶴舞駅東の正門からヒマラヤスギ並木の間に見る噴水塔は、私の大好きな景色である。

鶴舞公園噴水塔D

鶴舞公園噴水塔マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/107-b92bc23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ