Entries

大垣赤坂宿のボタン園

 美濃赤坂は、中仙道69次の56番目の宿場町で、西の垂井宿、東の美江寺宿に挟まれている。かつては大名が参勤交代の途次宿泊した本陣があったが、今は建物はなく記念の公園になっている。南に見える50mほどの小高い山は、関が原の戦いのときに家康が本陣を構えたところで、勝利に因んで 「勝山」 と名付けられた。
 江戸に幕府を開いた家康は、街道を整備して上洛の往復をしたが、この勝山の北側山麓に将軍専用の旅舎を設けた。その建物は、信長が岐阜城に建てた千畳敷御殿を移築したものといわれている。現在は、林業や石灰岩の採掘で財をなした矢橋家のボタン園となっている。

赤坂宿B

 元々この地は、杭瀬川を使った水運交通の要所で、美濃の産物や金生山の石灰などを運ぶ数百艘の船で賑わっていた。赤坂港跡には今も、常夜灯や旧警察屯所が残されている。また、西国三十三霊場最後の地として知られる谷汲山華厳寺へ続く谷汲街道の起点でもあり、分れ道に灯篭を兼ねた道標が建てられている。(下の写真)

赤坂宿マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/112-244ab76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ