Entries

加納宿の旧町役場

 加納宿は、中山道の宿場の中で数少ない城下町でもあり、美濃16宿の中で最大の規模を誇っていた。この宿は、21の町からできていて街道沿いに軒が並ぶ細長い町である。現在の道路は舗装されてはいるが、道すじや幅員はほとんど変わっておらず、鍵状の折れ曲がりや道標なども残っていて往時を偲ぶことができる。

加納宿マップ

 町の中ごろに、廃墟のような建物 (失礼) を見つけた。説明書きには、“岐阜市が誇る歴史的建造物 「旧加納町役場」 ” とある。国内屈指の和傘生産地で、文教の町でもあった旧稲葉郡加納町を象徴する建物である。昭和15年に合併した後、岐阜市役所加納支所となった。
 完成は大正15年 (1926)、京都帝国大学教授の武田五一が設計した。様式は 「イスパニア式」、鉄筋コンクリート造りで基礎は 「フーチング式」、当時の最先端技術を駆使している。現在は、国の登録文化財に指定されているが、耐震性が不足しているので立ち入りは禁止されている。

加納宿町役場

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/116-4bb24b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ