FC2ブログ

Entries

明知鉄道明知線

 岐阜県恵那駅から明知駅までを走るローカル線である。大井 (今は恵那) から阿木までの10kmが開通したのは昭和8年、延長して岩村、明知まで15kmを伸ばしたのは昭和9年のことである。 
 もともとこの路線は、明治25年 (1892) に改正された鉄道敷設法により計画された。静岡県掛川から愛知県の大野を経て岐阜県大井に至る地方鉄道であった。しかし、1980年に成立した国鉄再建法により廃止路線となり、1985年に第三セクターの明知鉄道に転換された。

明知鉄道A

 木曽川流域の平野部を過ぎて山間部へ入ると、急勾配と急曲線が連続する。途中の飯沼駅と野志駅は、日本で第1位と第2位の急勾配駅として知られている。下の写真は、旧中山道と交差するガードである。道幅も狭いが高さも低く、車高1.6mの車しか通ることができない。しかし、通勤・通学など地域にとっては大切な足であるとともに、各種のイベント企画が行われるなど観光資源としても重要な鉄道である。

明知鉄道マップ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/127-ea4084ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ