FC2ブログ

Entries

大井宿枡形

 旧中山道の大井宿は、現在の恵那駅の東、阿木川を渡った辺りである。大井宿は江戸から46番目の宿場町。天宝14年 (1834) には6町半 (約700m) の間に、41軒もの旅籠があったという。町並みを描いた古絵図には、6か所の「枡形」が見て取れる。枡形とは、敵の侵入を防ぐ目的で直角に曲げた角のことで、大井宿では、ほぼこのままの形が残されている。

大井宿マップ

 宿場へ入る少し手前に 「高札」 (下左の写真) が立っていて、幕府が農民や商人を取り締まる基本的なきまりが公示してあった。最初の枡形には延寿院横薬師という寺院がある。2つ目の角には大井宿本陣があったが現在は門と松しか残されていない (下右の写真) 。3番目近くには脇本陣、4番目には市神神社。5番目には、尾張藩の役人が常駐する 「白木番所」 があった。最後の6番目は阿木川を渡る大井橋である。

大井宿本陣・高札
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/128-eeea2fa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ