FC2ブログ

Entries

津の常夜灯

 近鉄線 「江戸橋駅」 を降り、三重大学に向かって東へ歩くと、橋の手前に御影石造りの常夜灯がある。橋の名前は津藩主・藤堂氏が参勤交代の折に、ここで見送られたことから 「江戸橋」 という。
 この 「江戸橋常夜灯」 は、伊勢神宮参詣の帰路、京へ向かう 「伊勢別街道」 と名古屋、江戸方面へ向かう 「伊勢街道」 の分れ道 (追分) に造られている。石には、安永6年 (1777) と刻まれており、津市内最古の常夜灯として、市指定の史跡になっている。手前の 「高田本山道」 の道標は、ここから2kmほど北にある真宗高田派本山 「専修寺」 を案内するものである。

津の常夜灯A

 三重大学の正門近く、栗真町屋町にも常夜灯がある。形式は彫りの荒い 「山燈籠」 である。正面に 「両宮常夜灯」 とあり、左に 「五穀成就」、裏面に 「嘉永4年」 (1851) と刻まれている。私は、大学時代の4年間、この近くに下宿していた。

津の常夜灯 マップ
 近鉄線 「江戸橋駅」 を降り、三重大学に向かって東へ歩くと、橋の手前に御影石造りの常夜灯がある。橋の名前は津藩主藤堂氏が参勤交代の折に、ここで見送られたことから 「江戸橋」 という。
 この 「江戸橋常夜灯」 は、伊勢神宮参詣の帰路、京へ向かう 「伊勢別街道」 と名古屋、江戸方面へ向かう 「伊勢街道」 の分れ道 (追分) に造られている。石には、安永6年 (1777) と刻まれており、津市内最古の常夜灯として、市指定の史跡になっている。手前の 「高田本山道」 の道標は、ここから2kmほど北にある真宗高田派本山 「専修寺」 を案内するものである。

津の常夜灯A

 三重大学の正門近く、栗真町屋町にも常夜灯がある。形式は彫りの荒い 「山燈籠」 である。正面に 「両宮常夜灯」 とあり、左に 「五穀成就」、裏面に 「嘉永4年」 (1851) と刻まれている。私は、大学時代の4年間、この近くに下宿していた。

津の常夜灯 マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/136-b51487f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ