FC2ブログ

Entries

新城の「旧黄柳橋」

 かつて、吉田 (豊橋) を起点とし乗本を終点とする、水上運送華やかな時代があった。山村からは材木や薪炭、逆に信州へは塩や綿といった物資が 「羽根河岸」 を中継地として行き来したのである。明治13年 (1880) ごろ、運送馬車を通行可能にする県道の大改修が行われた。その別所街道にかけられたのが 「黄柳橋 (つげばし)」 で、初代は木造であった。
 大正8年 (1919) に、当時としては全国で一番長いコンクリート橋が完成する。アーチスパンは30mであるが、橋長は51.2mであるため、アーチと路面が離れることになる。そこで長い柱が必要となり、耐震性を考慮した井桁状の形態になったのだという。黎明期、大正の時代性色濃い、個性的な橋梁である。

黄柳橋B

 しかし近年の自動車交通事情では、3.6mという幅員はあまりにも狭く、平成6年に3代目の橋梁が下流側に架けられた。「旧黄柳橋」 は、大正時代の生き証人として永久に保存されることになり、現在は歩道橋として使われている。平成10年に国の登録文化財に指定された。

黄柳橋マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/143-3907fbbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ