FC2ブログ

Entries

松重閘門

 白鳥庭園からさらに上流へ進むと松重閘門がある。閘門とは、水位の異なる運河などで船を上下させるための装置である。大正の中ごろ、中川運河の開削と堀川との連絡が計画された。しかし、中川運河は、この地点では約1mほど水位が低いので、閘門を造る必要が生じたのである。

松重閘門仕組み

 昭和6年に供用されて以来、長年にわたり重要な水運施設として利用されていた。しかし、昭和30年代後半からはトラック輸送が活発となり、昭和51年にはその効用を終えることとなる。しかし、そのエキゾチックな尖塔を惜しむ声が高く、機能は失ったが建造物は残されることとなった。

 昭和61年に名古屋市の有形文化財、平成5年に都市景観重要建築物等に指定され、平成22年には土木学会により選奨土木遺産に選ばれている。建設後80年近く経過して老朽化が進み、壁のはく離が心配されたので、耐震補強も含めて平成23年に補修を完了した。

松重閘門2



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/15-5748f84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ