Entries

矢作川「百々貯木場」

 豊田市勘八峡のすぐ下流に、現在は使われていない貯木場がある。地名をとって 「百々 (どうど) 貯木場」 という。江戸時代から昭和初期までは、上流の山で伐採された樹木は管流し (くだながし:丸太の状態で流す) で下流に送られてきた。百々は矢作川の中流域に当たり、流れも緩くなるので、ここで筏に組み直して下流や三河湾へ送ったのである。
 この水中貯木場が完成したのは大正7年のこと、材木商を営む今井善六により建設されたものである。貯水池面積は約5000㎡、樋門から直接流し入れる構造である。木材の仕分けをする突堤や引上げるためのスロープも造られている。近くに製材所も用意されていた。

百々貯木場B

 ただ、この貯木場は昭和5年に役割を終えてしまった。上流に越戸ダムが完成したことや、トラックにより木材が運ばれるようになったためである。長い間、土砂に埋もれていたが、今は整備されて史跡公園になっている。平成20年、全国的にも珍しい施設として土木遺産に選奨された。

百々貯木場マップ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/151-98b1c6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ