FC2ブログ

Entries

松平・高月院

 東照宮を奥へ進んだ山際に、落ち着いた佇まいのお寺がある。南北朝時代の正平22年 (1367)に足助の寛立上人が建立した 「寂静寺」 を、松平初代親氏の時代 (1377) に 「高月院」 と改めたお寺である。松平家の菩提寺となっている。松平9代目の家康によって寺領100石を与えられて以来、将軍家から厚い保護を受けてきた。

高月院マップ

 山門や本堂は、三代将軍・家光により寛永18年 (1641) に建てられたものといわれている。山門に続く土塀や石垣、石段も落ち着いていて、創立した当時の名称「寂静」そのものの雰囲気を醸し出している。最奥の親氏の墓所は、地盤の緩みなどから石垣も歪んでいたが、平成22年から3年間に亘って修理復旧が行われた。
 松平氏館跡 (現在の松平東照宮)、高月院、松平城跡などは 「松平氏遺跡」と して、国の史跡に指定されている。

高月院4枚
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/157-6b4a3152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ