FC2ブログ

Entries

熱田神宮の信長塀

 熱田神宮は、三種の神器の一つ 「草薙御剣 (くさなぎのみつるぎ) 」 を祀る神社である。 「古事記」 によると、日本武尊が東夷平定の途次、叔母であり伊勢神宮の斎王である倭姫命から授けられた剣だという。日本武尊は剣を妃の宮簀媛命に預けたまま西に向かい、伊吹山で病に倒れて伊勢・能褒野で崩じられる。その剣をこの地に祀ったのが熱田神宮の始まりで、約1900年前のことである。
 ご神体が草薙御剣ということもあり、源頼朝や織田信長など歴代の武将たちも崇敬を寄せていた。徳川幕府からも大宮司領として、700石近い朱印領を与えられていたという。また、多くの刀剣が奉納されている。鎌倉時代や桃山時代の名刀などもあり、中には重要文化財に指定されるなど、資料的価値の高いものもある。

熱田神宮A

 織田信長は、桶狭間への出陣の途中で熱田神宮に立ち寄り、勝利祈願をしたという。その功あって戦いに大勝したので、そのお礼として塀を奉納した。永禄3年 (1560) に完成した土塀が、参道の中ほどに残っている。土と石灰を油で練り固め、瓦を多数積み重ねた構造である。京都三十三間堂の太閤塀と西宮神社の大練塀と並んで、日本三大土塀と賞されている。

熱田神宮マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/163-b5e93e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ