FC2ブログ

Entries

伊勢神宮の樹林

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。このブログも足掛け3年目に入ります。みなさまにご愛読いただけますよう、さらに充実した話題を掲載してまいります。
 さて、昨日の大晦日には熱田神宮の話題を載せました。今日元旦は、伊勢神宮の話題です。伊勢神宮は一昨年、20年に一度の式年遷宮を終えました。社殿全てを建て替えるほか、あらゆる御装束神宝も一新します。これは、永遠に再生を繰り返す 「常若」 の心を形にしたものといわれます。

伊勢神宮A

 一方、社殿を取り囲む樹林は、太古から保全されてきました。日本列島西南部に自生する 「照葉樹林」 が広大な面積で残されています。こちらは、 「悠久」 の心だと思います。総面積は約5500ha、その中でも内宮、外宮を取り囲むそれぞれ約90haは 「神域」 と呼ばれ、樹木の伐採は絶対に行いません。そのため、参道沿いには直径が2mを越すようなスギやクスノキの大木が林立しています。

伊勢神宮マップ

 私ごとですが、私は今年で “数え年70歳”、いわゆる「古稀」を迎えました。杜甫の詩にある “人生七十古来稀なり” からの言葉です。しかし、昔と違って寿命が長くなり、老人が多くなった現在、70歳では 「稀 (まれ) 」 とはいえません。体力・気力ともに、まだまだ若さを保っている人が多いと思います。ちなみに私は今、名古屋工業大学の大学院に入学し、若い学生と一緒に学んでいます。修士論文の研究テーマは、「伊勢神宮外宮の樹林景観に関する研究」 です。伊勢神宮にあやかって、「常若」 と 「悠久」 の精神で歩んでいきたいと考えています。

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/164-ca489d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ