Entries

輪中(わじゅう)の農家

 愛知・岐阜・三重の境に位置する木曽三川公園・センター地区に再現された農家である。明治の中ごろまで生活していた、比較的裕福な家である。
 木曽・長良・揖斐の三川が集まるこの地域は、昔から毎年のように洪水が起きていた。人々は集落の周りに堤防 (輪中堤という) を築いて災害を防いだが、それでもしばしば堤防が切れたので、屋敷の一部に高い石垣をつくり、その上に 「水屋」 を建てて災害時に備えた。

輪中1

 母屋の軒先には、木製の舟を乗せていた。「上げ舟」 という。水かさが増してくると舟を下ろして庭先のカキの木 (舟つなぎ柿) に繋いで準備をし、家財道具を乗せて堤防まで運搬するのである。家財道具は二階にも運び上げるのだが、重量のある仏壇は簡単には持ち上げることができないので、天井を外して滑車とロープで二階まで引き上げる装置をつくった。「上げ仏壇」 という。
 現在は3河川とも、頑丈な堤防ができたので、このような農家はなくなってしまった。このモデル農家は、「宝暦の治水」 や 「薩摩義士」 に感動した多くの人たちの寄付により再現したものである。

輪中マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/167-e55d7ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ