FC2ブログ

Entries

日置橋

 関が原の戦いに勝利して間もない慶長15年(1610)、家康は清洲にあった城と町を名古屋に移すことにした。未だ勢力を保っていた大坂方を防ぐには、低地の清洲より高台の名古屋の方がよいと考えたからである。ここで食止めている間に江戸や駿府から援軍が駆けつけるのである。
 清洲からの引越しは町ぐるみであった。城、家屋、橋、さらに町名までも移転したという。世にいう「清洲越し」である。解体した建築資材などを運ぶのには水上輸送が使われた。五条川や庄内川を下った舟を、名古屋の町に運び上げるために造られた運河が堀川である。堀川開削の「普請」(土木工事)を命じられたのは西国大名の福島正則である。(ちなみに建築工事は「作事」という)

日置橋B

 堀川には7つの橋が架けられた。上流から五条橋・中橋・伝馬橋・納屋橋・日置橋・古渡橋および佐屋街道の尾頭橋である。日置橋周辺は桜の名所として有名だった。川面には花見舟が浮かび、岸には茶屋や料理屋が並んでいたという。
 現在の日置橋は明治14年造成、昭和13年に改築されたものである。親柱は御影石に銅製の擬宝珠がついている。欄干の手すりも御影石である。橋の両側に新しい歩道ができていて、欄干は黄色く塗装された鉄製である。

日置橋C


日置橋マップ










関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/17-e7735215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ