FC2ブログ

Entries

富部神社本殿

 宮の宿と笠寺の間に、戸部という村があった。現在は南区戸部町である。その東海道沿いに富部神社がある。本殿の由来は、慶長11年 (1606) に清洲藩主・徳川忠吉が病平癒の報恩として寄進したもので、清洲から移築したのだという。
 一間社流造・桧皮葺の社殿は、懸魚 (げぎょ) ・ 桁隠 (けたかくし) ・ 蟇股 (かえるまた) などが桃山時代の様式をよく伝えていることから、国の重要文化財に指定されている。平成6年から7年にかけて解体修理が行なわれた。

戸部神社A

 この戸部村に伝わる郷土玩具に 「戸部の蛙」 がある。瓦職人が、手なぐさみに粘土を焼いて作ったもので、“無事に帰る” との縁起もよく、笠寺観音の参道で売っていたという。子どもの手のひらに乗るほどの小さなもので、素朴な味わいのある一品である。

富部神社マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/188-3645db4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ