FC2ブログ

Entries

御油の松並木

 赤坂宿と御油宿の間に堂々とした松並木が残っている。慶長9年に家康の命により整備された東海道松並木の一部で、これだけまとまって見えるところは珍しい。約600mにわたって約300本が並んでいる。周辺がまだ都市化されていない昔ながらの田園地帯で、遠くに望む三河山間地の風景も美しい。昭和19年に、国の天然記念物に指定されている。

御油B

 並木の東端に、「天然記念物 御油ノ松並木」 と記した石柱が立っている。松の幹を見ると、樹皮の割れ目がくっきりとした亀甲模様になっている。これは 「三河黒松」 の大きな特徴であるという。
 ひとつ気になるのが、たくさんの松に 「マツグミ」 が寄生していることである。マツグミは、ヤドリギ科の常緑樹で、マツやモミの枝に根を食い込ませ、水分や養分を奪い取る。松を枯らすことは無いかもしれないが、勢力を弱めることは間違いないものと考えられる。

御油マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/206-f2562684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ