Entries

中山道・奈良井宿

 ちょっと東海道を離れて、お盆に訪れた「奈良井宿」の話題を・・・

 木曽路11宿の中で、江戸から2番目に近く、標高がもっとも高い (1197m) 宿場町である。中山道の難所である 「鳥居峠」 を控えて、多くの旅人が宿泊した。「奈良井千軒」 と呼ばれるほど旅籠の数が多く、妻籠宿と並んで栄えたところである。
 奈良井川に沿って約1kmにわたる町並みは、日本で一番長い宿場町である。途中6か所の水場があり、旅人の咽を潤した。建物の屋根は、元々は板葺きの石置きであったが、今は鉄板になっている。長く張り出した軒先の造りが特徴である。

奈良井宿1

 身近な歴史的資産の再確認と継承・維持を目的とした町並み保存運動は、他の地域よりも早く、昭和43年に始まった。昭和53年には国から 「重要伝統的建造物群保存地区」 に指定された。その後も、平成元年に 「手づくり郷土賞」、平成19年に 「美しい日本の歴史的風土百選」、平成21年には 「花の観光地づくり大賞」 に選ばれるなど、景観を活かした地域づくりの先駆けとなっている。

奈良井宿マップ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/210-f3ce8848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ