Entries

金原明善翁生家

 金原明善の名前を見てふと思い出し、50年前に大学で学んだ 「砂防工学」 のノートを探し出してみた。そこにはやはり、治水・治山の偉大な実例として明善の事業が記してあった。彼は天竜川の洪水対策に一生をかけた郷土の偉人だったのである。
 明治元年、“暴れ天竜” の度重なる水害に心を痛めた明善は、民心安定・産業復興のために立ち上がり、全財産を投じて治水事業を完成した。彼は治水事業を行っただけでなく、人を育てることも大切と考え、自家を提供して小学校や水利学校も創設した。

金原A

 さらに、水害を防ぐには下流の治水事業を行うだけでなく、上流の治山事業も必要であるとの思いに達し、山地への植林事業にも乗り出した。明治19年、静岡県磐田郡の官林林相改良に着手したのを手始めに、岐阜県下の植林指導や富士山麓の模範林造成を行うなど、精力的に活動を続けた。
 明善の生まれたこの家は、築後約200年を経て老朽化が著しかったが、平成23年 (2011) に、翁が暮らしていた当時の面影を残しつつ改修された。現在は、偉業を知ることのできる貴重な資料が展示され、一般に公開されている。下の写真で、奥の土蔵は二階建てで家財や米が収蔵され、手前は平屋で重要な書物や書類が保管されていた。いずれも水害を避けるため1mほど高い位置に造られている。

金原マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/231-17dc05ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ