Entries

善導寺大楠

 東海道本線 「磐田駅」 は、駅舎や周辺のビルが新しくなり、駅前広場も整備が進んでいる。その新しい町の中央に、並外れて大きなクスノキが聳えている。「善導寺大楠」 と呼ばれているとおり、ここはもともと 「旭光山善導寺」 が建っていたところである。このお寺は、応安4年 (1371) に旭光房が善導大師の像を負って念仏道場を開いたところであるが、昭和42年に他所へ移転した。残された大楠は、現在、駅前広場のシンボルツリーとなっている。

大楠マップ

 この巨木の樹齢は700年と推定されており、胸高直径は2mを越すものと思われる。高さはそれほど高くないが、横に張った太い枝と地面を覆うような根張りが樹齢の古さを感じさせる。伊勢神宮や熱田神宮などでも巨大な老楠を見ることができるが、クスノキが長寿であることには特別な理由がある。台風などの大風のとき、クスノキの小枝はパキパキと折れやすいので、強風が吹く前に吹き飛んでしまい、風圧を避けることにより倒木を防ぐのである。

大楠A
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/234-7d110d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ