Entries

磐田市 旧見付学校

 明治5年 (1872)、明治政府は学校制度を発布した。見付学校は、翌年8月にお寺の施設を仮の校舎として開校した。同時に、町の有力者の協力により新校舎の建設が進められた。新築工事は、名古屋の堂宮棟梁・伊藤平右衛門に委嘱して明治7年に着工し、翌8年 (1872) に完成した。

見付学校マップ

 新築された校舎は、玉石の石積みの上に木造擬洋風の2階建てで、間口12間 (約22m) 奥行5間 (約9m)、屋上に2層の楼が重ねられていた。(当初は4階建てであったが、8年後の明治16年に、3階部分を増築して合計5階建てとなった) 正面には伊豆石の石段が設けられ、玄関はエンタシス様式の飾り柱を配している。
 昭和28年 (1953) に、磐田市立郷土館として開館し、昭和44年には国指定の史跡となった。昭和52年には27か月にもおよぶ解体保存修理が終了し、現在に至っている。館内には、明治期の教科書や卒業証書が展示され、ひとつの部屋には授業風景が模型で再現されている。

見付学校A
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/235-69b848d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ