FC2ブログ

Entries

遠江国分寺跡

 奈良時代の天平13年 (741) に、聖武天皇は国家鎮護のため諸国に国分寺を築かせた。遠江国につくられたのが遠江国分寺である。その場所は、現在の磐田市役所の隣である。東西180m・南北250mもの広大な敷地であったという。
 昭和26年に発掘調査が行なわれ、翌27年には国の特別史跡に指定された。樹林と草地が広がる跡地には、金堂・中門・回廊・築地塀・七重塔などを示す案内板が立っている。

遠江国分寺マップ

 七重塔跡には、15m四方の基壇を示す石積みが整備されている。その真ん中には、塔の中心礎石 (心礎) が顔を見せている。2mほどの自然石で、直径1.7mの円形柱座が刻んである。この上に、塔の中心を貫く 「心柱」 が乗っていた。基壇の東南の隅に、径1.5mほどの隅柱礎石も残されている。この七重塔内には、紫紙金字の 「金光明最勝五経十巻」 が納められていたと推定されている。ちなみに、この地方の国分寺は次の場所にあった。
 三重県: 伊賀国・・・伊賀市  伊勢国・・・鈴鹿市  志摩国・・・志摩市
 愛知県: 尾張国・・・稲沢市  三河国・・・豊川市  
 岐阜県: 美濃国・・・大垣市  飛騨国・・・高山市    
 静岡県: 伊豆国・・・三島市  駿河国・・・不明   遠江国・・・磐田市

遠江国分寺A

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/236-ad6e806d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ