FC2ブログ

Entries

東山植物園の温室

 東山植物園の温室 (前館) は、昭和12年 (1937) の植物園開園と同時に公開されました。途中、戦争や伊勢湾台風により大きな被害を受けましたが、大きく改造することなく現在に至っています。面積約600㎡、一番高いところで12mです。今では、これ以上に大きな温室はたくさんありますが、当時は、背の高いヤシの木が入るような温室は他になく、「東洋一の水晶宮」 と賞されました。
 構造は鉄骨造りの総ガラス張り。大きな特色は、鉄骨の継ぎ目にリベットを使わず、当時の新技術である電気熔接を採用したことです。これは、できるだけ陽光を室内に取り込むことと、主役の植物が見やすいようにする目的がありました。平成18年に国の重要文化財に指定されています。

東山温室A

 この温室は、建物の美しさも然ることながら、熱帯植物の栽培や展示方法でも全国の手本となりました。昭和40年代に全国で植物園や温室の整備が盛んになりましたが、多くの方々が東山植物園を見学に訪れました。
 しかしながら、約80年を経た現在では老朽化が著しく、適切な保存修理工事が必要となりました。建築の解体撤去に先駆けて、平成25年から植物移植のための準備作業 「根回し」 が始まりました。現在、展示植物約400種は全て移植され、いよいよ建物の解体作業が始まっています。先日、保存修理工事の説明会が現地で開かれました。再び美しい温室や熱帯植物が見られるのは、6年先の平成31年になるそうです。

東山温室マップ



東山温室B

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/237-f65b8c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ