FC2ブログ

Entries

遠江国・国府跡

 先日 (12月9日) 国分寺跡についてご紹介したときには、すぐ近くに国府跡があることを知らなかった。後日訪れたときに、県道を挟んだ東側に 「府八幡宮」 という神社があり、これが国府の跡だと知って驚いた。名称に 「府」 とあるのが、国府であったことのしるしであるとのこと。
 入口に大きな鳥居があり、府八幡宮と書かれた扁額が掲げられている。文久3年 (1863) に建てられたものといわれているが、根元が傷んでいるせいかコンクリートで固められている。参道を進むと左側に杮葺 (こけらぶき) の楼門がある。建造は寛永12年 (1635) と古く、県の文化財に指定されている。楼門をくぐると中門があり、その奥に拝殿、本殿が続いている。

遠江国府A

 楼門の隣に、風変わりで朽ちかけた土塀を見つけた。玉石の上に粘土が固められ、最上部は瓦で葺いてある。説明を聞くと、明治以前は隣に神宮寺というお寺があり、神社との境界に築かれていたものだという。右端に小さな石碑があり、確かに 「神宮寺跡」 と記されていた。
 国分寺や国府の置かれていたこの地は、奈良時代には遠江国の中心地であったものと思われる。

遠江国府マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/241-2ee0fee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ