Entries

木原一里塚と袋井宿の茶屋

 「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」 一休さん (一休宗純) の狂歌です。彼特有の皮肉か禅問答なのでしょう。それはともかく・・・新年おめでとうございます。
 今年のブログのスタートも、一里塚から始めたいと思います。磐田市の見付宿と袋井市の袋井宿の間に木原という村があり、そこに江戸から数えて61番目の一里塚がありました。1里は約4kmですから、約240km離れていることになります。東京国立博物館に 「東海道分間延絵図」 が残されており、その木原村の部分に一里塚が描かれています (右図)。左の写真は、復元された一里塚で、元の位置より60mほど西につくられています。

木原宿B

 袋井宿は、他の宿より少し遅れて元和2年 (1616) に開設されました。江戸から27番目の宿ですから、五十三次のちょうど真中に当たります。最近では 「此処はどまん中袋井宿」 などという看板を設置して、観光PRに努めています。宿の東端、川のほとりに 「お茶屋」 がありました。江戸時代の旅人も、足を休め咽喉をうるおすために、このような茶屋に立ち寄ったのでしょう。

木原宿マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/242-c0e2c5df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ