Entries

6本目の東海道(新東名開通)

 「東海道」 を歴史的にみてみよう。
 最初は7世紀、律令制の時代に五畿七道が定められた。これは地域分け (北海道というように) で、七道は西海道・山陰道・山陽道・南海道・北陸道・東山道・東海道を指す。そのうちの東海道には、伊賀・伊勢・尾張・三河から常陸までの15か国が含まれている。時代が下ると、それらの国府を貫く “道路” も「東海道」と呼ぶようになった。
 2番目は平安末期、新しく誕生した鎌倉幕府と京とを結ぶ道である。「京・鎌倉往還」といい、西暦でいうと1200年頃から1600年頃まで続いた道である。現在は、所々に鎌倉街道と呼ばれるその部分が残っている。
 3番目は江戸時代になってから。徳川家康は、江戸を中心とする五街道を整備した。日光街道・奥州街道・中山道・甲州街道そして東海道である。街道には、旅人の便を図るために宿場町や伝馬の制度、並木や一里塚が整備された。
 4番目は明治時代、現東海道すなわち国道1号である。5番目は、名神高速道路と東名高速道路。名神は西宮から小牧までの約190km、昭和40年に開通した。東名は小牧から東京までの約350km、昭和44年に開通した。

新東名

 そしていよいよ 「新東名」 の誕生である。昨日2月13日、浜松いなさJCTから豊田東JCTまでの55kmが開通した。これで、御殿場から豊田までの約200kmが利用できることになり、現東名高速道路の渋滞緩和や、沿道地域の経済的発展などの効果が見込まれている。今後、首都圏との接続や四日市から関西方面への延伸により、第6番目の「東海道」が完成するのである。

≪文章は池田誠一氏の 『なごやの鎌倉街道をさがす』 を参考にした。写真は中日新聞社 ヘリ「あさづる」 から川柳晶寛氏が撮影したものを転載した≫


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/253-bd563219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ