FC2ブログ

Entries

祈りの石仏

 旧東海道の路傍に、古い石仏を見かけることがよくある。お堂の中に納められているものもあるが、雨風にさらされた裸のものも多い。現代のように新幹線や高速道路のない時代、江戸から上方まで歩く長い旅には多くの難関があったのであろう。途中で病に倒れることもあっただろうし、山賊などに襲われることもあったかもしれない。旅人は、お地蔵様や観音様に旅の安全を祈ったのである。
 仏像の頂上に馬の頭をいただいた馬頭観音は、ヒンズー教の最高神が馬頭に化身して敵を倒したという神話から生まれたもののようである。中部地方の山地の街道によく置かれているのは、馬の背による交通との関係が深いからといわれている。

馬頭観音マップ

 宿場町の入口には普通、治安を守るために木戸が設けられるが、日坂宿では逆川に架かる細い木橋がその役割を果てしていた。「下木戸(しもきど)」 と呼ばれ、その隣に高札が立てられていた。
 その近くの相伝寺というお寺に33体の観音菩薩像がある。遠江には 「三十三観音霊場」 というのがあり、ここはその21番である。今もお祈りをするため、霊場を巡り歩く人々が絶えないという。

馬頭観音G


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/255-a5ef52cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ