Entries

菊川坂の石畳

 日坂の急な上り坂を息せき切って登ると、しばらくは平らな台地 「小夜の中山峠」 である。東海道では、箱根峠、鈴鹿峠と並ぶ三大難所に数えられていた。峠付近には真言宗の久延寺があり、悲しい物語をもつ 「夜泣石」 が祀ってある。
 峠を過ぎると、今度は急な下り坂になる。菊川へ向かっての細道は、歩きやすいように玉石の石畳になっている。これは江戸時代後期につくられたもので、長さは380間 (約700m) もあったという。当時は 「助郷」 という制度があって、様々な仕事が地元に命ぜられていた。この石畳は、近隣12か村の農民に割り当てられたものである。

石畳B

 以前、熊野古道 (2013・8・5) の石畳を歩いたことがあるが、そこは1㎡はあろうかと思われる大きな岩を並べたものであった。ここ菊川は、ひとりで持ち上げられるほどの玉石である。道幅は2間 (3.6m) ほどであるが、大量の石を運び上げて敷設するには、大変な困難があったであろう。
 眼下に菊川宿の集落を見るこの石畳は、昭和30~40年代の工事により、多くが破損してしまった。現在は約160mが残るのみである。平成12年に発掘調査が行なわれ、翌年、県の文化財に指定された。

石畳マップ



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/258-ea586390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ