FC2ブログ

Entries

大井川橋梁

 県道381号に架かる大井川橋の少し下流に、2本の鉄橋が並んでいる。「大井川橋梁」 と呼ぶJR東海道本線の橋である。金谷から島田へ向かう上り線は、昭和34年 (1959) に完成した。橋長1062mの曲弦トラスで橋脚は鉄筋コンクリートづくりである。真正面に富士山を見ることができる。
 下り線は、ずっと古く大正4年 (1915) に完成している。橋脚は煉瓦づくりで、明治21年 (1888) に造られたものを鋼板で補強して再利用している。両橋は、見た目にはほとんど同じであることから、昭和の工事では従前のものに合わせたのであろう。

大井川橋梁マップ

 明治の始めごろの東西を結ぶ鉄道は、明治5年の新橋・横浜間を走る我が国最初の鉄道と、明治10年の京都・神戸間ができたが、その間のルートは中山道案と東海道案の2つがあった。明治16年には中山道案に決定し、同19年に武豊と木曽川駅を結ぶ資材輸送用の鉄道ができた。
 しかし、中山道のルートは工事の難航が予測され、工期も大幅に遅れることから、この年に東海道ルートに変更された。国鉄東海道線の全線が開通したのは明治22年 (1889) のことである。この経緯からみると、大井川橋梁下り線の橋脚は、このときにできたものであろう。
  (写真左の上り線は昭和34年のRC製 右の下り線は明治21年の煉瓦づくりの橋脚である)

大井川橋梁E


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/264-a819cfdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ