FC2ブログ

Entries

島田宿の大堤

 「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」 (箱根馬子唄) と謳われたように、大井川は東海道最大の難所であった。幕府は江戸や駿府の防御のために、あえて橋をつくらなかった。しかし、橋のない大井川を渡る旅人のために馬や人足の肩車などによる 「川越制度」 をつくった。それは元禄9年 (1696) のことである。
 島田宿にはこの制度に基づき 「川庄屋」 や 「川会所」 が置かれ、川越賃銭の決定や渡渉順次の割り振りなどの業務運営を行なっていた。川会所をはじめとした建物は、昭和45年に 「島田宿大井川川越遺跡」 (国指定史蹟) としてこの地に復元された。

大井宿マップ

 大井川に平行して、「島田大堤」 が走っている。慶長の大洪水 (1604~1605) により、それまでの堤が決壊して島田宿のすべてが押し流されてしまった。そのため、正保元年 (1644) 頃までに築かれたのがこの大堤である。同時に宿内に3本の灌漑用水も完成したので、米の生産高が以前の20倍にも増えたといわれている。大堤の規模は、高さ2間 (3.6m)、延長3150間 (約5.7km) と記録されている。現在は切れ切れとなって忘れられてしまったが、かつては島田宿や下流の村々にとって非常に重要な存在だったのである。

大井宿A
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/265-b47198c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ