FC2ブログ

Entries

小田井遊水地(庄内緑地)

 洗堰の近くには、もう1つの洪水対策施設がある。「小田井遊水地」 と呼ぶ “囲繞堤” で囲われた水貯めである。面積約40ha、洪水時には140万㎥もの水を貯えることができる。しかし普段は、庄内緑地という公園であり、人々の憩いの空間となっている。
 この遊水地には、いろいろな歴史があった。戦争中の昭和15年には、防空緑地として計画され、愛知県によって用地の買収が行なわれた。しかし、戦後の農地解放制度により耕作地に戻ってしまった。昭和44年ごろから再び民有地の買収が進められた。遊水地として概成したのは平成元年になってからである。

庄内緑地マップ

 公園の整備は昭和40年代から進められ、完成した区域から順次利用できるようになった。植栽された樹木は、今ではずいぶんと生育が進み、立派な樹林を構成している。写真①は、菜の花畑・ボート池・メタセコイア樹林である。②は正面入口広場の噴水、③は中央広場の芝生とケヤキの大木である。園内にはいくつかの彫刻作品④も設置されている。
 写真⑤は「ドッグラン」、犬の鎖を外して自由に駆け回らせることのできる広場である。後方の工作物は水門である。洪水が収まって、庄内川の水位が下がった後に、ゲートを開いて遊水地に貯まった水を本流へ戻す装置である。

庄内緑地A

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/271-5f95c65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ