FC2ブログ

Entries

斎宮跡

 近鉄山田線、伊勢市駅と松阪駅の中間に 「斎宮駅」 がある。駅の東側一帯が 「斉王」 の暮らした 「斎宮 (さいくう)」 である。「斎王」 とは、天皇に代わって伊勢神宮に仕えるために、都から派遣された女性のことである。天武天皇の御世 (670年ごろ)、娘の 「大来皇女 (おおこのこうじょ)」 を送ったのが最初で、660年後の制度廃止までの間に、60人の斎王が記録されている。
 斎王に仕えた役所は 「斎宮寮」 と呼び、発掘調査が行なわれている最中である。多くの役所が建ち並んでいて、120m四方の敷地が東西7列・南北4列、碁盤目状に並んでいたものと考えられている。9世紀ごろに建てられたもので、長官が重要な儀式などを行なった建物3棟が、平安時代初期の様式で復元されている。

斎宮E

 斎宮駅のすぐ東側の広大な敷地の一画に、当時の情景を再現したジオラマが設置されている。カメラでアップすれば、本物とも見間違うほど精巧にできており、王朝貴族の人形も再現されていて、平安時代を偲ぶことができる。また、「いつきのみや歴史体験館」 や 「斎宮歴史博物館」 もあって、斎宮のこと全てが解る情報センターになっている。

斎宮マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/284-486e8b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ