Entries

落合宿の本陣とお助け釜

 「木曽路はすべて山の中である」、島崎藤村の 『夜明け前』 の書き出しである。海岸沿いを走る南側の東海道に比べて、北側を進む中山道は、名の通りまさに山中の街道である。中山道が整備されたのは江戸時代初期・寛永年間 (1630年ごろ) のこと。総延長135里 (約520km)、69の宿場があった。東海道より距離は長く登り下りも多いが、大河川の渡しなどを避ける利点もあった。
 落合宿は江戸から44番目、馬籠宿と中津川宿の間にある。幕末の頃の記録 「中山道宿村大概帳」 によれば、宿場町の長さ390mで家の数は75軒だったという。その中に、本陣と脇本陣がそれぞれ1軒、旅籠は14軒が含まれていた。

落合宿マップ

 本陣は、文化年間の度重なる火災により焼失したが、文化15年 (1818) に復興された建物が今も残っている。下の写真に見る立派な門は、加賀前田家から寄進されたものである。文久元年 (1861) 皇女和宮内親王が徳川家に降嫁する折、御小休されるのに使われたほか、明治13年 (1880) の明治天皇行幸にも御小休のために使用されたという。
 宿場の中ほどに丸太の小屋があり、その中に「助け合い大釜」が置かれている。和宮の大通行時には、4日間で2万6千人もの人々が通行したので、暖かいおもてなしをするためにかまどは炊き続けられたという。もともとは、寒天の原料の天草を煮るために作られたものであるが、今は様々なイベントにも使用されている。

落合宿G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/288-76329470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ