FC2ブログ

Entries

中山道「落合宿」の石畳

 木曽川沿いの落合宿と山の上の馬籠宿の間には、十曲峠という坂道がある。先日、ハイキングがてら取材のために歩いてみた。中津川駅からバスに乗り、落合宿で下車して歩き始める。しばらくは落合川沿いの楽な道であったが次第に急な坂道となり、運動不足の身にとっては息の切れるきつい道であった。
 江戸時代の旅人にとってはまさに難所であったのだろう、歩きやすいように石畳が敷かれている。江戸時代の街道には、並木や一里塚の制度はあったが石畳については何も考えた様子が見られない。そのため、壊れて放置されることも多かったが、地元の人たちの奉仕により復旧されたのだという。
落合宿石畳マップ

 このような石畳はあまり残っておらず、往時の姿を留めているのは東海道の箱根や菊川などごくわずかである。先だって菊川宿 (2016・3・7参照) も歩いたが、石畳の印象が異なるので写真で比べてみたところ、敷いてある石の違いに気がついた。菊川は丸い川石であり、落合は角のある山石である。大きさも異なっている。かつてこのブログにも掲載した熊野古道 (2013・8・5参照) の写真も見てみると、ここではさらに大きな石が使われていることが分かる。それぞれ、現地で調達できる石材を使った結果であろう。

落合宿石畳
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/289-87329919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ