Entries

太田宿のヤドリギ

 脇本陣の隣に中山道会館 「宿り木」 があり、その広場に大きなエノキがシンボルツリーとして聳えている。この老大木は美濃加茂市の保存樹に指定されている。興味深いことは、エノキだけでなく、この樹に寄生しているヤドリギも含めて保存が定められていることである。
 エノキの大木も貴重であるし、ヤドリギも珍しい植物であるので、両者を合わせて保存樹に指定したと思われるのだが、今、困った状態になっている。それは、ヤドリギが繁茂しすぎてエノキの樹勢が弱ってきていることである。現在、樹勢回復の方法を探るため、樹木医に依頼して調査を行なっているとの標示が出されていた。

太田宿ヤドリギマップ

 エノキには野鳥の好む実がたくさん成るし、ヤドリギの実も小鳥に餌を運んでもらうために美味しい果実を枝いっぱいに実らせる。越冬のために飛来してくるヒレンジャクなどの野鳥が、この実を目的に集まってくるという。保存は、そのような自然環境全体を保護しようとするものであろう。
 他の樹の枝に自分の根を食い込ませ、水分や養分を奪い取る 「寄生植物」 は、鳥によって種を運ばせるものが多い。「ヤドリギ」 は、エノキやサクラなどに寄生し、大きな球形の株になる。鳥の糞により、高い位置の枝に付着して発芽する。「ヒノキバヤドリギ」 は、ヒノキの葉に似た形の小さな植物で、ツバキやアセビに寄生する。小さな種子は弾けて飛び出し粘質物で近くの枝に着く。グミのような赤い実を付ける 「マツグミ」 は、マツやモミなどに寄生する。以前、御油宿の東海道松並木でご紹介した。(2015・7・21の記事参照)

太田宿ヤドリギE
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/338-62032adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ