FC2ブログ

Entries

古川祭「起こし太鼓」

 毎年4月19・20の両日、飛騨古川に春を告げる 「古川まつり」 が開催される。気多若宮神社の例祭であるこのお祭は、古式ゆかしい神輿行列や屋台行列に加えて勇壮な「起こし太鼓」が行なわれることから、天下の奇祭ともいわれている
 19日の夕刻から、絢爛豪華な9台の屋台が町内を厳かに曳航される。屋台の重さは約2トン、上中下の三段構造になっていて、それぞれ性質に合わせて異なる種類の木材が使用されている。繊細な彫刻、華麗な金具、漆黒や朱の塗りなど、随所に職人の技を見ることができる。大人2人が一組となって演ずる獅子舞も祭りの賑わいを高めている。この度、日本全国33の祭の一つとしてユネスコの無形文化遺産に登録されることとなった。

古川祭A

 この祭りがもっとも異彩を放つのは、19日夜から20日未明まで繰り広げられる 「起こし太鼓」 である。数百人のさらし姿の裸男たちが、大太鼓を載せた櫓 (やぐら) を担いで町内を練り歩く。町の辻々では 「付け太鼓」 と呼ばれる小太鼓を持った、これも裸の男たちが、我先に櫓に迫ろうと攻防戦を繰り広げる。4月とはいえ、奥飛騨の気候はまだ寒い。少し山に登れば樹林の下に雪が残っている。しかし、それぞれの町内が威信をかけて先陣を争う攻防戦は迫力があり、男たちの熱気は白い湯気となって立ち昇る。
 樹林の残雪は、不思議なことに根元周りだけが融けて黒い地肌が見えている。これは 「雪根開き」 と呼ぶ現象である。春になって活動を始めた木の根が、地下から温度の高い水を盛んに吸うようになり、根元周りが暖かくなるためと考えられている。

古川祭B
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/341-f29c4408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ